K

2012年7月11日 (水)

10年目のつぶやき

かなり久々の更新です。
今回も達磨窯火入れの報告を...

7/7(土)~8(日)にかけて達磨窯に火を入れました。
7/7の七夕の夜に火入れをしたのには理由があって、
その日の小布施ッションの講師の先生が
建築家の隈研吾先生だったからです。

時は10年前...
当時大学生だった私は、お世話になっていた職人さんに
小布施ッションなるイベントを教えていただきました。
「講師は建築家らしいよ・・・」とだけ情報を持参した私は、
会場の下駄箱で隈研吾先生に会ってド肝を抜かれたのを
今でも鮮明に覚えています。

ナンデ?この人、ひょっとしてクマケンゴ??

その1分後、これから始まる小布施ッションという
イベントの講師は隈研吾先生であることを知るわけです。
さらに驚かされたのは、
その後のパーティーで知り合った方々の目の輝きでした。
一晩にしてすっかり感化された私は、
翌日の朝から(頼まれてもいないのに)
小布施堂に入り浸っていたのでした。

そんな訳で、「隈研吾先生」+「小布施ッション」の組み合わせは、
現在に至る私の大きなキッカケであり、
大事な大事な出来事なのです。
しかも10年ぶりということで、なんだか節目のタイミングでもあります。

普段、仕事に追われがちな私ですが、
ここは無理をしてでも窯に火を入れようと急に思い立ったわけです。

で、今回の窯焚きの様子。

P1220688

P1220727

隈研吾先生も達磨窯へ足を運んでくださいました。

P1220744

初めて小布施ッションに来てから早10年。
私に多大なる影響を与えてくれた方々のように、
自分も頑張れているのだろうか?
密かに一人反省会を開催しながら、
小布施の山里で窯焚きは続きます。

午前8:30、初めて1000℃に到達。
でも、相変わらず火色の見極めはわからず...

途中、豪雨に会って心が折れそうになり、
夜中には獣の足音に腰を抜かし、
なんだかんだで、無事に窯焚きは終了しました。
(相変わらず、窯焚き作業に手一杯で写真が少ないですが...)

Sn3s0946

で、今回わかったこと。

一つ、
10年前にはなかったモウモウとした黒煙が、
小布施の空に舞い上がっているという事実。

一つ、
見事に素人ばかりだけど、
楽しく真剣に窯焚きをする仲間がいるという事実。

ビジネス的にはゆっくり過ぎるペースだけど、
なかなか悪くない結果な気がします。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

達磨窯火入れ(2回目)

メリークリスマス。
寒くなってきました。いよいよ冬本番です。
「寒い」→「温まろう」→「火入れ」
という無理やりな流れで、12/21(水)~22(木)に
2回目の達磨窯の火入れを行いました。

前回同様、窯の中身の大半は既成の瓦たちですが...
今回は8月に開催した瓦ワークショップの作品や
桟瓦、敷瓦の試作品も窯の中へ入っています。

100_6744 

温度計の針は当たり前のように「0℃」。
かじかむ手先を温めるべく窯の両側の焚き口から着火します。

Img_7646

初めは焚き口の口元でチョロチョロと...
今回は半日以上かけて「炙り焚き」です。
この工程で、窯と瓦の水分を飛ばします。

Img_7652_2

夕闇が迫る頃には窯も温まってきます。
この時点で窯内部の温度は約400℃。

深夜、いよいよ「本焚き」開始です。

Img_7673

600℃を超えると、焼成室内部の瓦たちも赤く光を帯び初め、
煙突からもしばしば炎が立ち上がります。
夜の達磨窯、土の質感とオレンジ色の炎。
私の大好きな光景。

Img_7714

窯の中の瓦たち。
当たり前の光景なんだろうけど、
ただの土の塊が光り輝き始める姿に感動。

Img_7691

窯も熱気を帯びてきました。

Img_7694

薪をくべる土屋氏。
眩しくて顔を歪めているのではありません。
この距離でも熱気が襲ってきて熱いのです。

Img_7710   

耐火煉瓦もオレンジ色に...

Img_7721

再び窯の中。だいぶ透き通った色になってきました。

で、朝を迎えて窯の中は約800℃。
外は氷点下の張り詰めた空気...

10:30頃、900℃を超えたあたりで最終工程「コミ」に入ります。
「コミ」とは大量の松葉と薪を窯に放り込んで、窯を塞ぐ工程。
この工程のレポートはまた後日。
理由は写真を撮る暇がなかったから。
前回の窯焚きの様子でじっくり説明します。

肝心なところを省略してしまいましたが、
「コミ」の後の達磨窯。

Img_7735

Img_7739 

Img_7746

来週、窯開け予定です。
以上、久々の報告でした。

金石

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

記録更新

こんにちは、日焼けでおでこと鼻の頭の皮が剥けている金石です。

唐突ですが、雷の話です。
私が子供の頃、父親から「近くに雷が落ちたのを見た」
という経験談を聞かされたことがあります。
目の前が真っ白に光り、と同時に轟音が鳴り響いたとのこと...

暗い夕刻の空に稲妻が走るのは何度も目にしていましたが、
すぐ近くにということに関しては、
せいぜい自分の小学校のポールに落ちたというのが
私の「落雷最接近距離」です。
その距離、約1.5kmといったところでしょうか?
目の前が真っ白とまではいきません...

ところが、そんな私の「落雷最接近距離」の記録が、
先日の土曜日に約20年ぶりに更新されました。
それもかなり大幅に...

その日は小布施見にマラソンの準備に奔走しておりました。
私はゴール地点の担当でしたので、
小布施ハイウェイオアシスの芝生広場で
テントの位置や機材搬入の指示を出しておりました。

午後4時頃...
南の空が暗雲に支配され始めました。
「これは夕立が来るな」と覚悟しながら、
芝生の広場中央で打ち合わせをしていたところ、、、

急に目の前が真っ白になったかと思うと、
バキバキバキッという音と共に、
ビリビリビリッと体に電気が走ったのです。

おぉっ!?

そこに居合わせたスタッフが皆、一瞬パニックに陥りました。

なんだ今のビリビリってのは!?
雷が落ちたのか???

近くに落雷があったようです。
状況からして、それもかなり近くに...

ふと周囲を見渡すと、広場の芝生の一部から白煙が...

メチャクチャ近くに落ちてました。
その距離約50m!
かなり貴重な体験をしましたが、これはシャレになりません。
慌てて車の中に駆け込み、一時避難をしたのでした。

とまぁ、こんな出来事があって、
幸か不幸か私の「落雷最接近距離」の記録は更新されました。

間接的にですが、雷に打たれた素直な感想は、
「天に怒られた」という感じでした。
特に悪いこともしていないのですが...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

まやかし

こんにちは、「山裾で働く人間」への第一歩を踏み出した金石です。

先日のブログで触れた、
達磨窯の敷地に潜むヘビの種類をとうとう突き止めました。

先日、窯で作業をしていると、
お婆さんが散歩をしながら通りかかったので、
「この辺りに毒ヘビがいるって聞いたんですけど知っています?」
と尋ねてみました。
すると、お婆さんは立ち止まって言いました。

「○●×△?、→&□▼%・・・」

不覚にも何をお話されているか聞き取れませんでした...
が、そんなことを今更切り出せず、
間抜けな笑みを浮かべながら、
それでも必死に聞き取ろうと努力しました。
お婆さんはというと、私の心の動揺など何処吹く風、
ニコニコしながらヘビについてお話してくれています。

「×■↓%#、□●▽だぁねぇ、マヤカシは...」

ん!?
今、「マヤカシ」って言ったような...

断片的に把握した会話の内容からして、
どうやら毒蛇の名前は「マヤカシ」です。
毎回忘れるこの名前、今回は忘れないように
「マヤカシ、マヤカシ・・・」
と10回くらい呟いて体に叩き込みました。
それになにやら聞き覚えのある響きで覚えやすい名前です。

事務所の戻った私は、インターネットの辞書で検索しました。
「マ・ヤ・カ・シ」と入力。
そして最後に力一杯「Enter」キーを押しました。

すると、画面には...

1.まやかし 
   ごまかすこと。また、そのもの。いかさま。
   いんちき。「売り込みの言葉に―がある」

2.まやかし‐もの【まやかし物】 
   いんちきな品。にせもの。

こんな表記が...
どこにもヘビの名称とは出てきません。

諦められない私は、続いて毒ヘビのサイトを検索。
すると気になる名前のヘビに行き当たりました。

1.やま‐かがし【赤楝蛇/山楝蛇】
   ナミヘビ科の爬虫(はちゅう)類。水田付近に多く、
   全長1~1.5メートル、緑褐色に不規則な黒斑があり、
   胴の側面に紅斑が散在する。カエルなどを捕食。
   頸部(けいぶ)背面に毒腺があり、圧されると自衛のため毒液を出す。
   本州・四国・九州や朝鮮半島などに分布。

絶対にコイツです。
「マヤカシ(=いんちき)」は私のヒアリング能力でした...

金石健太

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

Pin-Coro

こんにちは、「ピンコロ」製作中の金石です。

ピンコロ???

なにやら耳慣れない響きですが、
瓦づくりでは大切な役割の道具です。

Img_5053

こちらが噂の「ピンコロ」...
瓦を窯詰めする際に、瓦に引っ掛けて使います。
瓦と瓦の間の空間を確保する為にこれを使うのだと思います。

「・・・だと思います」という自信のない表現なのには訳があって、
我々はまだ窯詰めをした経験がないので、
正しくはどう使うのか?何のための道具なのか?
と、未だに実態が掴みきれていないのです。

今のところわかっているのは、

 1.呼び名が「ピンコロ」である

 2.同じ目的の道具でも、地方によって形状が違うらしい

ということくらい。
しかも、この呼び名も形も
我々が指導してもらっている群馬エリアでのものであって、
北信地域でのこの道具の詳細はこれから調べる必要があります。

そんな状態なのですが、
近い将来必要になりそうなので、
暇を見つけてはせっせと製作しております。

Img_5049_2

せっかくの機会なので、
地元の瓦粘土の他に淡路の瓦粘土でもつくってみました。
ちなみに、茶色い方が地元の粘土、
青味のある方が淡路の粘土です。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

田植え初体験

こんにちは、息子が幼稚園から仕入れてきた胃腸炎を
有難くも譲り受けてしまった金石です。

さて、先日の日曜日、
親類の田圃にて田植え初体験をしてきました。

 田圃 → 泥んこ → 裸足

即座にこんな連想ゲームをしてしまう単純な私は、
家族の心配を他所に長靴も持たずに
サンダル姿で意気揚々と出かけたのでした。

現地へ到着すると、
しっとりと水を湛えた田圃が私を出迎えてくれます。

おぉぉ、泥だっ!

最近、瓦の粘土を足で踏んで練っていたこともあって、
粘土(泥)には過剰に体が反応してしまいます。
早速、裸足になって田圃へ突入、
田植え機を押してド素人の田植え作業開始です。

それにしても、素足から伝わる泥の感触の気持ち良いこと!
作業の出来栄えはともかくとして、
この清々しい気分を体で感じ取れただけで
もう満足といった感じです。

Img_4829

私が担当した箇所は一目でわかります。
酒も飲んでいないのに千鳥足に...

周囲の観客には
「手植え風にアレンジした」
と必死に主張しましたが、失笑を買うばかり...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

山裾の人間の心得

こんにちは、達磨窯の敷地で
毎日ひどい虫刺されに遭っている金石です。

蚊に何ヶ所も刺されるというわけでもないのですが、
必ず1ヶ所、何らかの虫に刺され、
その周辺が巨大に腫れあがります。
痛くはないのですが、結構な痒さが伴います。

まぁ、山裾の敷地だから、虫刺されくらい仕方ないな...
と、この虫と今後も付き合っていくことを決めたのですが、
どうやらこの敷地、
あまり付き合っていきたくない者も潜んでいるようなんです。

というのも、道行く地元の方々が口を揃えて
「ここらは○○が出るから気をつけな...」
とわざわざ忠告しに来てくださるのです。

ここでいう「○○」は蛇の名前。
何度も何度も耳にしているのですが、
どうしたわけか何度も何度も忘れてしまいます。
地元の方の言い回しとしてはこんな感じです。

 マムシは噛まれても薬があるけど、
 ○○は噛まれると薬がないから本当に危ないぞ。

この情報からすると、
○○の脅威はマムシの比ではありません。
それに、わざわざ忠告しに来てくれるくらいですから、
本当に危険なんだと察しがつきます。
こんなに恐ろしい蛇が周囲に潜んでいるとは...
いったいどんな姿の蛇なのでしょう?

名前も姿もわからないせいで、
(正確には名前は忘れただけですが・・・)
余計に恐怖心が煽られます。

そもそも蛇に遭遇したところで、
それがなんという蛇か見分けが付くだろうか?
アオダイショウ、マムシ、ハブ...
名前は知れども見分けが付かないことに
たった今気付きました。

山裾で仕事をするなら、
蛇の見分けくらいマスターしたいと思った
金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その15~

こんにちは、
地下足袋のハゼ止めのデザインが大好きな金石です。

さて、久々の達磨窯のライブ報告です。

ひとまず各部屋が完成した達磨窯ですが、
これからは壁に土を塗って窯を太らせる作業に突入です。

ですが、、、
その前に瓦を出し入れする戸口部分にL型アングルを固定して、
燃焼室に蓋ができるように細工をしました。

Img_4994

このアングルでできた凹部に
上から板を差し込んで蓋をします。
実際には、窯の内壁の位置に瓦と粘土で一度蓋をして、
現状の窯の壁厚部分に砂を詰めます。
その砂がこぼれ落ちないように、
板を差し込んで蓋をするというわけです。

で、本日はというと左官仕事です。
写真を見てお気づきかと思われますが、
前回塗った面が乾燥して大きくひび割れてしまいました。
表面もすっかり乾いたので、
このひび割れた面の上塗りをすることにしました。

Img_5004

それにしても結構な亀裂...
シャモットが足りなかったせいなのか、
粘土のネバが強すぎるのか?
未だに手探り状態の続く当プロジェクトです。

Img_5006

亀裂が大きいため、
粘土を投げつけて空気が入らないようにします。
焼成室の天井部分は両側からこの作業をするため、
反対側から飛び散った粘土が頭上から降り注ぎ、
泥仕合ならぬ「泥試合」に...

Img_5010

エクレアではありません、念のため...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

アレルギーと無知

こんにちは、金槌で自分の指を強打し、
爪の中に恥ずかしい血豆ができている金石です。

木々の若葉色もすっかりみずみずしい緑に変わり、
小布施周辺の田圃には、次々と水が張られています。
そう、田植えシーズンの到来です。

Img_4983_2

何を隠そうこの私、
今シーズンから親類の稲作を手伝っているため、
田圃を眺める目が例年とはちょっと違います。
ド素人ながらに、アレコレ観察しているのですが、
今までの稲作に関する己の無知さを
今更ながらに痛感しているのであります。

そもそも、実家が農家であるわけでもなく、
農業を勉強したことがあるわけでもなく、
仕事だって建設業ときている私には、
稲作に関する知識などインプットされるわけもなく...

ただ毎日食している「米」と
茅葺きや左官工事で使用する「藁」だけで
稲作をなんとなく身近に感じ、
なんとなく知っている風で日々を過ごしてきました。
そんな私が、田園風景なるものに対し、
偉そうに意見していたのですから恥ずかしい限りです。

で、何を長々と言い訳がましいことを言っているのかというと、
稲作に対する多少の知識を得ることで
ものの見方が変わったのです。
具体的には「ビニールハウス」、
これの見方がだいぶ変わりました。

私は田園風景の中のビニールハウスに
少なからず嫌悪感を持っていました。
(「少なからず」は時として「大いに」になる始末...)
周囲の素材感から逸脱した人工的なあの表情に、
「醜い」「汚い」「邪魔」...とアレルギー反応を示していたのです。

ところが、、、
先日、こんな景色が私の目に飛び込んできました。

Img_4989

ビニールハウスの中で田植えを待つ苗。
あつかましくお願いして中へ入れさせてもらうと...

Img_4990

生命感溢れた緑が非常に印象的でした。

農業従事者にとっては当たり前の光景なのでしょうが、
農業ド素人の私にとっては、
これはまさに目から鱗の光景。
稲の苗ってビニールハウス育ちなんだ...
それにまさかのこの美しい風景...

そうか、あの美しい田園風景を支えているのは、
私が忌み嫌っていた「ビニールハウス」だったのか!
この事実を知ってからというものの、
ビニールハウスに対するアレルギーはやや治まりました。

ちょっと見方を変えてみます。
ひょっとしてアレルギーの原因は「無知」なのでは?
そんな風にも思うのです。

あの薄いビニールの皮ひとつ隔てた内側の出来事は、
なかなか情報として私達の中に入ってきません。
それが故に、過剰なアレルギーを呼び起こすのでは...
また新しい発見です。

ただし...
ビニールハウスの「素材感」に対するアレルギーは
未だに治りません。
これは治さずにこれからも付き合っていくつもりです。

Img_4992

日本の農業は美しいと思う
金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

茅場@小布施プロジェクト実験編 ~その1~

こんにちは、生まれて初めて砥石を買った金石です。

昨日の話ですが、、、
小布施に新しい茅場をつくるべく、
実験的に茅の移植をしてみました。

Img_4918

場所は毎年茅を刈り取っている高山村の茅場です。
この時期の茅場の写真は、
茅と周囲の植物との見分けが困難で困りものです。
ちなみに写真の手前中央が茅の株です。

方法はいたって簡単。
株の根元をスコップで掘り起こして、
その株をエイッと適度な大きさに切るだけ。

Img_4920

剣スコップを思いっきり踏んで、
株の根元を分けていきます。
茅の地下茎は思ったよりも頑丈で、
しばらく続けると足の裏が悲鳴を上げてしまうくらいです。
さすがは茅、野火付けをしてもまた生えてくるのは
この地下茎のおかげでしょう。

この作業、うまいコツがあるのかもしれませんが、
今回は数も少ないので得意の「力任せ」作業で乗り切りました。

Img_4929

こちらが適度な大きさに分けた株。
正直、茅の生育にとって「適度」かは定かではありません。
ここで言う「適度」は、
持ち運び行為に対して「適度」という
なんともわがままな基準です。

Img_4931

茅の株を荷台に載せたトラック。
ちょうど今の時期、
田植え用に苗を満載したトラックをよく目にしますが、
それに比べるとなにやら無骨な様子です。

荷台が一杯になったところで、
茅の葉をなびかせたトラックは
小布施町内のとある河川敷に移動。

Img_4933
ここが実験地。景色の良さは茅場にも劣りません。
砂地の土を掘り起こして、、、

Img_4937
株を植えれば移植完了。

Img_4945

1mの間隔を空けて約50株の茅を移植しました。
この土地でうまく成長してくれることを願ってやみません。
今後の成長をお楽しみに...

Img_4951

金石健太

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧