調査・研究

2010年6月 9日 (水)

茅場@小布施プロジェクト実験編 ~その2~

こんにちは。最近の暑さがすでにきつい、土屋です。
こんなで夏もつかなあ、とこの時期毎年思います。

さて、高山村の茅場の茅を、
小布施町内のとある河川敷に移植してから2週間が経ちました。
その後の様子はといえば‥。

Ca390137
Ca390136

移植から1週間後の様子。
移植した頃には青々としていた茅たちですが、
ほぼ周りの枯れ草に同化しつつあります。
株ごとに見れば、5~6割くらいは枯れているでしょうか。

とはいえ、まだ植えたばかりでうまく根が定着していないとか、
日照りが続いたせいに違いない、
と今後の回復に期待しつつ、さらに1週間後。

Rimg00332
Rimg00382

回復の兆しは見受けられませんでした。
とはいえ、悪化した様子もなく、
半分くらい枯れた状態を維持している感じです。

この状況を察するに、
適度な大きさに株を切断する際に、
傷めてしまった根の先が枯れているだけで、
今枯れていないのはきっと大丈夫なはず、
という、希望的観測がたちます。

Rimg00372

そんな枯れ気味の茅の横では、
名も知らぬ雑草がすくすくと育っていて、
彼に罪はありませんが、憎らしくすら思えます。

なにはともあれ、
今後の成長(あるいはその逆)を気長に見守りたいと思います。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

材木の流通

こんにちは、界隈の建物の実測を密かに始めた金石です。
平面図だけとはいうものの、
建物の数が多くて、意外と時間が掛かりそうです。

先日、酒屋の道具を修理するために、
材木屋に杉板材の見積もり依頼をしました。

この道具、使い方がかなり特殊なため、
しっかりと乾燥している材を調達する必要があります。
そこで、秋田杉、金山杉、吉野杉、
それに県産の杉材をそれぞれ調べてもらいました。

数日後...

材木屋から返答がありました。

 県産材の「乾いた板」はすぐには手に入らないよ

と。

材木屋の持っている流通ネットワークの問題もあるでしょう。
他の業者であれば手に入るのかもしれません...

それにしても...

長野県の杉材は乾かす時間もなく流通に出回っているのか?
あるいは柱材ばかり取って板材は取っていないのか?

この大きな違和感がどうしても拭いきれません。

国産の木材の流通はどういった仕組みなのか?
今度詳しく聞いてみます。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

スス

こんにちは、畳の縁(へり)と格闘中の金石です。
それについては後日報告...

先日、ドラム缶で火を焚く機会があったのですが、
そのときに使った鍋底を洗っていてある発見がありました。

おそらくご想像に難くないと思われますが、
ドラム缶で火を焚いている上に網を載せて、
その上に鍋を直接置くため、
鍋底は煤で真っ黒になります。

Img_4950

こちらがその鍋底。
絵に描いたように真っ黒になります。

さて、写真をよくご覧ください。
写真右側が私がタワシで擦った後に水をかけた状態。
写真左側が焚き火後手付かずの状態。
両者の違いがわかりますか?

Img_4952

さらに寄るとこんな感じ。
タワシで擦った右側の表面は水に馴染むのに対し、
煤だらけになったままの左側は物凄く水を弾いています。

詳しいことはよくわかりませんが、
鍋底に付着した煤が影響していることは間違いなさそうです。

ナンデダロウ??

当たり前のようにも思えますが不思議です。
薪木の油分が含まれているからでしょうか?
でも、タワシで水洗いしただけで水に馴染むというのも
どうも腑に落ちないものがあります。
洗剤を使ったというのならまだ納得できますが...

そういえばこんな水の弾き方を他でも体験したことがあります。

1.古い土壁を土間に撒いて、その上に水をかけたとき
2.松煙・ベンガラの粉に水を垂らしたとき

いずれも私の予想に反して、
水が小さな玉となって表面に弾かれていたことを思い出します。

これはあくまで素人的な直感ですが、、、

今回の煤もこれらの事例も、
表面の微細な粉が影響しているような気がします。
粉同士の隙間の大きさと水の表面張力の関係とでも言いますか...

なんだかそんな類の現象じゃないかと思うのですが...

残念ながら私の知識では解明できません。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら御一報ください。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

シブ

こんにちは、水筒の蓋の締りが甘く、
出勤時の車の中で「水浸し」ならぬ「お茶浸し」になった金石です。
ズブ濡れになったリュックからは、
悲しい湯気が立ち上っていました...

さて、本日の実験報告。

Img_4937

これを鍋に放り込んで煮ます。

Img_4943

グツグツと煮込みました。

Img_4945

中身を濾すと、、、

Img_4949

完成。

この結果報告は2~3ヵ月後。
場合によっては2~3年後。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

理想の

こんにちは、西山です。

先週の金曜日から日曜日まで、
我々は訳あって茨城へと遠征してきたのですが、
その道中で、いいものを見つけました。

001
これぞ、三和土
という三和土です。
この凸凹具合がたまりません。

年月を重ねた三和土は、このように表面が凸凹になり、
時に苔むし、なんともいえない表情を醸します。

しかし、よくよく考えてみると、

 なぜ表面が凸凹になるのか

ということについて、その理由を深く考えたことがないことに
気づきました。

 真新しい三和土が、年月を重ねるごとに
 履物や箒などによってその表面が削られていき
 凸凹になっていく・・・

となんとなく思っていたのですが、
表面が削られていくのはわかるとしても、
その結果がなぜこのように、
小さな凹凸の連続になるのでしょうか?

・・・・・

文明の利器の力を借りて少し調べてみたところ、

 下駄を履いていたことにより、凸凹ができた

という説があるようです。

う~ん・・、本当でしょうか?
もしそうであるならば、
下駄など履かなくなった現代の生活においては、
三和土はいくら経っても凸凹にならない
ということなのでしょうか?

幸いにも我々はつい最近、
三和土を施工する現場に恵まれましたので、
しばらくその様子を見守ってみたいと思います。

・・・しばらくって、どのくらいかかるか、見当もつきませんが。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

すすき

001
茅刈りのついでに採取したススキの穂
         

        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓        
        ↓
        ↓
        ↓

002
60分後、箒の完成。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

大きな栗の木

こんにちは、金石です。

唐突ですが、皆さんは「街区」という言葉をご存知でしょうか?
要は道路でグルッと囲まれた内側の部分のことです。
身近な住所表記に当てはめると、
「○丁目△番×号」の「△番」に該当するエリアです。

近頃、とある住宅の設計をしている関係で、
小布施町内のとある敷地周辺を頻繁にウロウロしています。
歩きながら遠目に周辺環境を眺めていると、
ふとあることに気付きました。

 小布施の街区の中心には大きな栗の木がある

こちらが実際の写真。

Img_4018

Img_4020

普段は通り沿いから引いた距離で眺めるため、
さほど気になりませんでしたが、
どちらもかなりの大きさの木です。
高さは15m超、葉張りも10m程はあります。
栗畑の栗の木に目が慣れているせいもあって、
実際に近くで見ると、その大きさに驚かされます。

Img_4019

ちょっと調査してみると、どうやらこうした環境は
街区の敷地割りとも大きく関係していそうです。
中央に大きな栗の木がある街区は、
決まって間口が狭く奥に長い
「鰻の寝床」と呼ばれる敷地割りがなされていることに気付きました。

少し専門的な話になってしまいますが、
このような敷地割りの街区は、
通り沿いが店舗などの「オモテ」の空間。
その裏には住居、中庭(畑)、さらには土蔵と続き、
そこにはプライベート性の高い「ウラ」空間が広がります。

その街区の「ウラ空間」に、
大きな栗の木が象徴的に残っているわけですが、
その風景は大切にしていきたいと思いながら設計しています。

今、この木は街区の方々の共有物であるかのように書きましたが、
本当のところはその街区内の誰かの所有物です。
恐らくは維持管理も大変かと思いますが、
それでもこのような木を残している
意識の高い所有者に頭が下がります。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

試掘調査

こんにちは。めっきり寒くなりましたね。土屋です。

さて、ちょっと前のことになりますが、
達磨窯の建設予定地にて試掘調査が行われました。

なぜ、掘調査を行うことになったかといいますと、
小布施町役場に開発許可の申請書を提出した際、
建設予定地が「埋蔵文化財包蔵地」なるものに該当するため、
掘削を伴う工事を行うためには調査が必要ですよ、
とのご指摘を頂いたためです。
そして、もし土器などの遺構が発掘されようものならば、
工事をストップし、本格的に発掘調査を行うというのです。

工事ストップになろうものならば、
ただでさえ申請手続きに時間がかかってしまっている上に、
さらなる計画の遅れとなってしまいますので。
何も出ないように祈りながらの調査となりました。

Rimg0040

調査は、県の教育委員会(埋文センター?)から、
資格を持った調査員の方がいらして行うのですが、
おそらく出ないだろうとの判断なのか、
重機を使っての試掘となりました。

Rimg0039

Rimg0044

数10センチ掘るごとに、
調査員の方が土の成分や、遺構の有無を確認していきます。
上の茶色の部分が表土、
その下の黒い部分は植物などが腐敗してできた堆積層で、
底に近い辺りのように砂利が多いところには、
人が住んでいたとは考えにくく、まず遺構は出ないだろう、
ということですが‥

Rimg0048

今回の工事で掘る予定の1m掘ったのがこちら。
調査員の方が言うとおり、無事何も出ませんでした。
出たものといえばビニール袋と塩ビパイプくらいで、
遺構どころか、現代のゴミが出てきました。

心配の種が一つ消え、
あとは開発許可が下りるのを待つだけです。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

情報発信と罪

こんにちは、9/16(水)のブログをやっと更新した金石です。
まずはそちらからご覧ください。

そう、何を隠そうこの私、
建物を高崎まで見に行って、
結果として建物を見れなかったのです。
それも1度ならばまだしも、2度までも...

一緒に連れて行かれた家族に対して、
これほどバツの悪いものはありません。

というわけで、この場を借りて弁明の機会を頂くこととしました。

そもそもこの「高崎哲学堂」、
もともとネット上でのインフォメーションが極端に少ないんです。

初めて訪れたときも、
「どうやら土日祝日しか開館していない」
という情報をやっとの思いで得ることができたほどで、
そこで祝日に行ったら「冬季休業」の始末。

そして今回、「冬季休業」でない「土日祝日」ということで
先日行ったら「閉館」。
正確には管理元が財団から隣接する市立美術館に変わったようで、
現在は改装中とのことです。

で、なんだか愚痴っぽくなりますが、
己への戒めの意味も込めて今回感じたこと。
それは、

 ある程度の需要が見込まれる物事について、
 情報が無いというのは、罪である。

ということ。
管理元に悪気があるわけではないのですが、
酷な言い方をするとこういうことなんだと思います。
もうそういう時代なんだ、と意外な経験から思い知らされたのでした。

≪追伸≫
なんとインターネット上で「高崎哲学堂」で検索すると、
私の以前訪問した際のブログ記事が割りと上位に登場します。
このブログもそうなるかは謎ですが、
この情報が誰かの役に立てばいいなぁと思います。

「高崎哲学堂」を訪問しようと考えている皆さん、
今年度中は改修工事中で中を見学することはできませんよ~!

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

再・高崎哲学堂

こんにちは、「ついてない男」こと金石です。

先日の休みのこと...
我が家で「さて今日は何をするか?」となったので、
「天気も良いことだし、ドライブにしよう!」
と提案したところ、
以外にも了解を得ることができました。

ドライブといっても、
私には心に温め続けていた目的地がちゃんとあり、
家族は父親の趣味に
半強制的に参加させられてしまったわけであります。

ETC割引を使って、高速を走ること1時間半、
我が家族の載せた車は目的の高崎へと到着しました。

高崎???

察しの良い方はお気づきかもしれません。
そう、私の目的地は「高崎哲学堂」です。

以前ブログでも紹介しましたが、
実は私、前にこの建物を見に出かけて、
冬季休業で中に入れなかった経験があります。
しかも、家族で新幹線で赴いて...

で、今回、晴れて再訪問の機会を得たわけです。

Img_3829_2

右の案内板にご注目...
「高崎哲学堂は閉館致しました」とさ。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧