楽しい建築

2011年12月24日 (土)

達磨窯火入れ(2回目)

メリークリスマス。
寒くなってきました。いよいよ冬本番です。
「寒い」→「温まろう」→「火入れ」
という無理やりな流れで、12/21(水)~22(木)に
2回目の達磨窯の火入れを行いました。

前回同様、窯の中身の大半は既成の瓦たちですが...
今回は8月に開催した瓦ワークショップの作品や
桟瓦、敷瓦の試作品も窯の中へ入っています。

100_6744 

温度計の針は当たり前のように「0℃」。
かじかむ手先を温めるべく窯の両側の焚き口から着火します。

Img_7646

初めは焚き口の口元でチョロチョロと...
今回は半日以上かけて「炙り焚き」です。
この工程で、窯と瓦の水分を飛ばします。

Img_7652_2

夕闇が迫る頃には窯も温まってきます。
この時点で窯内部の温度は約400℃。

深夜、いよいよ「本焚き」開始です。

Img_7673

600℃を超えると、焼成室内部の瓦たちも赤く光を帯び初め、
煙突からもしばしば炎が立ち上がります。
夜の達磨窯、土の質感とオレンジ色の炎。
私の大好きな光景。

Img_7714

窯の中の瓦たち。
当たり前の光景なんだろうけど、
ただの土の塊が光り輝き始める姿に感動。

Img_7691

窯も熱気を帯びてきました。

Img_7694

薪をくべる土屋氏。
眩しくて顔を歪めているのではありません。
この距離でも熱気が襲ってきて熱いのです。

Img_7710   

耐火煉瓦もオレンジ色に...

Img_7721

再び窯の中。だいぶ透き通った色になってきました。

で、朝を迎えて窯の中は約800℃。
外は氷点下の張り詰めた空気...

10:30頃、900℃を超えたあたりで最終工程「コミ」に入ります。
「コミ」とは大量の松葉と薪を窯に放り込んで、窯を塞ぐ工程。
この工程のレポートはまた後日。
理由は写真を撮る暇がなかったから。
前回の窯焚きの様子でじっくり説明します。

肝心なところを省略してしまいましたが、
「コミ」の後の達磨窯。

Img_7735

Img_7739 

Img_7746

来週、窯開け予定です。
以上、久々の報告でした。

金石

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その15~

こんにちは。すっかりサボリ癖のついていた、土屋です。
これからまた心を入れ替えたいと思います。

さて、一応の完成を見せた達磨窯ですが、
本当の完成までにはもう少し工程が残っていますが、
現在は「火を入れながら窯を太らせる」工程です。

100_5439
これは、戸口と呼ばれる瓦を出し入れするための開口を、
瓦と砂、さらに木で蓋をしているところです。
仮の煙突も取り付けました。

100_5451
100_5453
そして、いよいよ火入れ。
今回、実際に瓦を焼くときの900度という温度までは、
窯の温度も上がってなかったと思いますが、
焚き口にいた百足は焦げていました。
また、心なしか焚き口の上に飾られた恵比寿さんも、
熱そうな顔に見えます。

100_5447
燃焼室のアーチの部分を、
乾き具合を見ながら太らせて(塗り重ねて)いきます。

そもそも、なぜ火を入れながら太らせる必要があるかというと、
とくにこの燃焼室のアーチの部分を太らせるため、
といっても過言ではありません。

この部分は瓦をせり出しながら、
最後は竹を渡してアーチをかけてあるだけで、
他の部分に比べて厚みがありません。
そのため、水気を含んだ粘土を塗り重ねると、
重みで落ちてしまう危険性があります。

そこで、短時間で水分を飛ばしながら塗り重ねるために、
火を入れながらの作業になるわけです。

100_5377
太る前。

100_5465
現在。

ここからもう一太らせさせていきます。

土屋 直人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

路上観察@nagano vol.1

こんにちは、にしやまです。
8回目を迎えた大イベント「小布施見にマラソン」
も無事に終了しました。

全国各地から小布施にお越しいただき、ありがとうございました。
事務局にかわり、勝手に御礼申し上げます。

さて、我々も前々日あたりから準備に動き回っていたのですが、
そんななか見つけたのがこちら。

002
「純粋露天風呂2010」

これが壁に囲まれた浴室のなかの光景であれば
なんの違和感もありませんが、
これは正真正銘の外です。
見えている壁は、外壁です。

001
すこし引いた絵です。
右のほうには、玄関とおぼしきドア。
浴槽の上には屋根があり、雨はしのげるようになっているので
厳密に言えば「露天」ではありませんが、
立派な外風呂です。

それにしても・・・
内にあったものを外にだしただけで
これだけのインパクトです。

巷には様々な意匠を凝らした露天風呂が溢れるなか、
この、なんの外連味もない、いさぎよい風体。
天晴れです。

さらに驚きなのは
この建物が国道に面しているということ。
私がこの写真を撮った場所がまさに、国道の歩道ですので、
かなり人通りと車通りの多い場所から丸見え状態です。

いったいどんな使われ方をしていることやら・・・。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

達磨窯のできるまで。

こんにちは、にしやまです。

さて、動画をつくってみました。
達磨窯をつくるときに、定点観測の写真を
撮りつづけていたので、
それをスライドショーにしてみました。
少し長いですが、
お時間のあるときに見ていただくと、
達磨窯のつくられかたがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その14~

こんにちは。高校時代、野球ではろくに肉刺もできなかったのに、
窯づくりでスコップやら鏝での肉刺ができている、土屋です。

さて、耐火煉瓦を積み終わった焼成室のアーチですが、
下地は火入れの時に燃やしてしまうものだと思っていましたが、
甘楽町での窯づくりの写真をよく見てみると、
火入れの前に外していたことが分かり、
少々不安ながらも外してみることにしました。

P51391012
P51391132

下地のパネルの足を恐る恐る取り外し、
下地を叩き落としていきます。
何とか最悪の事態は免れ、無事に取り外し完了。
アーチ構造を考えた人はほんとすげーな、と思った瞬間でした。

P51391512
P51391262

焼成室の中は思ったよりも広く、
戸口の幅も広めにしたので、移動も楽々です。
また下地に接していた面は、
なんとも素材感のあるいい表情に仕上がっていました。

さてさて、焼成室のアーチの仕上げと一緒に、
燃焼室の屋根のアーチも仕上ていきます。

100_5361
100_5363
100_5365

縄をかけながらせり出させてきた瓦の上に
割り竹をのせ、その上に粘土を塗って屋根のアーチの完成です。
これでようやく以前ご紹介した、

P51392162
達磨窯の(一応の)完成!

この状態になったわけですが、
(一応の)とあるように、まだ本当の完成ではありません。
ここからの作業はサボることなく、
お伝えしていきたいと思います!

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その13~

こんにちは。ここ2,3日で3キロ太った、土屋です。
やっぱり肉食の暴飲暴食はいけません。

さて、窯づくりはいよいよ焼成室のアーチを積んでいきます。
作業は焚き口のアーチ同様、いたってシンプル。

Img_47772
Img_47792_2
Img_47892

両サイドからアーチの下地にそって、
日干し煉瓦を積んでいきます。

Img_4827
Img_4844

キーストーンとなる最後の一列は、
足でガンガン踏み込んで入れていきます。
こんなことができるのは焚き口のアーチで、
多少アーチ構造に自信がついたからでしょう。
最後に、目地の部分がしっかり利くように楔を打ち込みます。

100_5336
100_5343

日干し煉瓦と目地材が見えている感じもいいのですが、
その上に土を塗り重ねて、焼成室のアーチの完成です。
日干し煉瓦をつくっていただいた、
外国人ヘルパーの皆さんには本当に感謝です。

さてさて、緊張の下地外しと、
燃焼室の屋根のアーチの仕上は次回に。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その12~

こんにちは。最近、目覚ましが鳴る前に起きてしまう、土屋です。

さて、作業は燃焼室の屋根と平行して、
焼成室のアーチを日干し煉瓦で積む工程を行っていきます。
まずは、アーチを積むための下地をつくっていきます。

100_5248
100_5246
Img_4739

壁にアーチの型に切ったパネルを当てつけ、
その形なりに壁を積上げていきます。

100_5298

上まで積上がった状態がこちら。
横から見るとほぼ完成型です。
窯の中央部分のスリット状の部分は「戸口」といい、
ここから窯の中に瓦の出し入れをします。

100_5296
100_5302
100_5304

壁に当てつけたパネルの上に板を打ちつけ、
燃焼室をスッポリ覆います。
これでアーチの下地が完成。
次回はいよいよ、日干し煉瓦を積んでいきます。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その11~

こんにちは。達磨窯が一段落してからというもの、
日に日に体が重くなっていく、土屋です。

さて、焚き口のアーチを積み終えると、
いよいよ燃焼室の屋根を架けていく工程になります。

「屋根のカーブはセンスで」

という、なんともアバウトなメモと写真だけが頼りでしたが、
前回お伝えしたようにバッチリ実測をさせていただいたので、
何の不安もなくこの工程に入ることができました。

Img_4655
100_5204

実測してきた寸法を参考に屋根がせり出し始める位置を出し、
まずは5cmほど瓦をせり出させます。
このとき、耐火煉瓦で積上げた肌の上からも、
燃焼室側に瓦をせり出させておきます。

100_5271
100_5272
Img_4754

4~5寸くらいずつ瓦をせり出していくのですが、
先端に縄をかけて瓦が落ちないように固定していきます。
この縄をかけながら瓦をせり出していくのが、
一番難しい工程になりそうだと思っていましたが、
思いのほか順調に進めることができました。

100_5240

このあたりまで来ると、日に日に窯らしくなってきて、
一日ごとの達成感が今までの比じゃありませんでした。

土の水の引き具合を見ながらせり出していく間に、
焼成室の壁も積上げていき、
焼成室の屋根のアーチを積む工程も平行して行っていきます。

つづく

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

達磨窯@小布施 作業報告 ~その10~

こんにちは、ホッチキスと爪切りを間違えた金石です。
皆さん御承知かとは思いますが、
爪切りで書類は束ねられませんので、
くれぐれも御注意ください。

さて、達磨窯の事後報告。
日付は4/23(金)です。

この日はしばらく前からずっと楽しみにしていた
焚口のアーチを積む工程です。
アーチ構造のものは今まで何度か目にしてきましたが、
自分でつくるというのは以外なことに初体験です。
近そうで遠いアーチ構造、うまくいくでしょうか?

方法はいたってシンプル。

Img_4553

木型を所定の位置にセットして、
あらかじめ斜めにカットした耐火煉瓦を
木型に沿って積んでいきます。
ちなみにこの木型は
甘楽町の達磨窯調査の際に譲っていただいたものです。

Img_4563

キーストーンとなる頂点の耐火煉瓦を入れれば完成。
この瞬間、初めて構造として成り立ちます。
理論上はもう木型を外してもいいはずですが、
ここは慎重になって、目地の水分が引いてから外しました。

Img_4586
緊張の一瞬。

Img_4587
至福の表情。

写真では「おぉ・・・」くらいの歓喜ですが、
実際は「うおぉぉぉぉ~~っ!!」くらいな
奇声を発していたような記憶があります。

それにしても、アーチ構造の達成感たるや
想像を絶するものがありました。
大地が起き上がってくるとでもいうような...
柱梁で建物が建つのとはまた違った種類の喜びです。

Img_4603
アーチの中から反対のアーチが見えます。

耐火煉瓦を積んだだけなのでまだ線が細く、
見た目の安定感に乏しいのですが、
立派にアーチを描いているから不思議なものです。

ひょっとしたらアーチ構造独特の喜びは、
この見た目の不安定さから来ているのかもしれません...

すっかりアーチ構造の虜になった
金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

大人仕様の遊び

こんにちは、煙の臭いを撒き散らしている金石です。

というのも、、、
達磨窯の現場で、窯の底に塗った粘土を乾かす為に、
焚き火をしていたのです。
なんせ昨日からの吹雪で、
朝はあたり一面銀世界でしたから、
粘土は全く乾きません。

そんな中でも達磨窯づくりは進行中です。
砂で窯の底をつくった後、
粘土とシャモット(瓦を砕いたもの)と藁を混ぜたものを、
その表面に2~3cm塗りました。

(先週土曜日の作業完了後の様子)
100_4767_2

思い返せば、先週はひたすら砂と戯れ、
その後は粘土を捏ね回して泥だらけになり、
今日に至っては火遊び。

こんなこと言っては各方面から怒られそうですが、
見方を変えると我々の今やっている作業なんて
要するにこんなことなんだと思います。

率直な感想として、
達磨窯づくりには人間の根源的な楽しさがあります。
砂遊び、泥んこ遊び、火遊び...

子供の感性をそのままに、
作業内容だけ大人仕様になっている、
といった感じです。

作業している我々は真剣そのものですが、
第三者的に見ると「遊んでいる」ように映るんだろうな...
もしそうだとしたら、、、

全然悪い気はしません。
そう映るといいなぁ、とさえ思います。

大人が真剣に遊ぶとこんなことができる、
っていうところを子供たちにも見せ付けてやるつもりです。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)