塗装(古色)

2009年12月21日 (月)

スス

こんにちは、畳の縁(へり)と格闘中の金石です。
それについては後日報告...

先日、ドラム缶で火を焚く機会があったのですが、
そのときに使った鍋底を洗っていてある発見がありました。

おそらくご想像に難くないと思われますが、
ドラム缶で火を焚いている上に網を載せて、
その上に鍋を直接置くため、
鍋底は煤で真っ黒になります。

Img_4950

こちらがその鍋底。
絵に描いたように真っ黒になります。

さて、写真をよくご覧ください。
写真右側が私がタワシで擦った後に水をかけた状態。
写真左側が焚き火後手付かずの状態。
両者の違いがわかりますか?

Img_4952

さらに寄るとこんな感じ。
タワシで擦った右側の表面は水に馴染むのに対し、
煤だらけになったままの左側は物凄く水を弾いています。

詳しいことはよくわかりませんが、
鍋底に付着した煤が影響していることは間違いなさそうです。

ナンデダロウ??

当たり前のようにも思えますが不思議です。
薪木の油分が含まれているからでしょうか?
でも、タワシで水洗いしただけで水に馴染むというのも
どうも腑に落ちないものがあります。
洗剤を使ったというのならまだ納得できますが...

そういえばこんな水の弾き方を他でも体験したことがあります。

1.古い土壁を土間に撒いて、その上に水をかけたとき
2.松煙・ベンガラの粉に水を垂らしたとき

いずれも私の予想に反して、
水が小さな玉となって表面に弾かれていたことを思い出します。

これはあくまで素人的な直感ですが、、、

今回の煤もこれらの事例も、
表面の微細な粉が影響しているような気がします。
粉同士の隙間の大きさと水の表面張力の関係とでも言いますか...

なんだかそんな類の現象じゃないかと思うのですが...

残念ながら私の知識では解明できません。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら御一報ください。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

シブ

こんにちは、水筒の蓋の締りが甘く、
出勤時の車の中で「水浸し」ならぬ「お茶浸し」になった金石です。
ズブ濡れになったリュックからは、
悲しい湯気が立ち上っていました...

さて、本日の実験報告。

Img_4937

これを鍋に放り込んで煮ます。

Img_4943

グツグツと煮込みました。

Img_4945

中身を濾すと、、、

Img_4949

完成。

この結果報告は2~3ヵ月後。
場合によっては2~3年後。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

塗料の臭い

こんにちは、久しぶりにペンキ塗装をして
鼻の奥がずっとシンナーの臭いがしている金石です。

いやぁ~...

皆さんも一度は嗅いだことがあるであろうペンキの臭い、
しばらく作業していると頭が痛くなりますね...
今日なんか作業場所が天井付近だったもので、
その臭いが作業空間に充満して、もう...

たかだか数時間のペンキ塗装でこんな具合ですから、
間違いなく私は塗装屋さんにはなれそうにありません。
でも、冷静に考えると、
以前からこんなにシンナー臭に敏感ではなかったように思います。

ペンキを塗りながらその原因を探っていたところ、
思い当たる節が見つかりました。

それは「古色塗装」。
思い返せば最近の塗装工事といえば専らこちらでした。

古色塗装では、主な臭い成分は「柿渋」です。
もちろん、シンナーとは無縁の存在。
確かに、柿渋も独特な臭いを発しますが、
塗料にする段階で水で薄めたりするので、
匂いの強烈さではシンナーの比ではありません。

まぁ、私という人間はペンキよりも柿渋などを好む人間なので、
正当なジャッジが下せないのかもしれませんが、
実際に両方の塗装をある程度経験した中で言えることは、

古色塗装の柿渋臭は初日に気になるだけであとは慣れる。
しかし、ペンキの臭いはいつまで経っても慣れることはない。

「臭いに慣れる」ってよく考えたら変な話ですが、
でも、本当にそんな感覚なんです...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

災い転じて福となす

こんにちは、ブログ更新忘れ常習犯の金石です。

夏の暑さも峠を越えたのか、
ジリジリと照りつけるような陽射しはなくなってきました。
今日はびっくりするくらい涼しく、
外で作業をしても汗でベタベタになりません。

さて、相変わらず写真館の塗装をしております。
塗装といっても、今日の作業を正確に表現すれば、
「洗い落とし」とでも言いましょうか...

先日、頼もしい助っ人の皆さんに手伝ってもらった
古色塗りの塗装工事ですが、
やや厚塗り加減の箇所があったため、
その部分に水を塗り、ウエスで強く拭き取ってみました。

すると、表面に粉っぽく残っていた余分な塗料が取れて、
綺麗に木目が浮き出てくるではないですか。
(すいません、肝心なその様子の写真を撮り忘れました...)

おぉ~っ!
結構良い感じだ。

今までは塗料を塗ってから、
それが乾かないうちにタイミングを見計らって拭き取る、
という作業工程でしたが、
そのタイミングは判断が難しいところです。
材によって吸い込み方が違ったりするとなおさらです。

実際、私も実際に自分でやって見せて、
「こんな感じです」としか説明できませんでした...

ところが、、、

後から水分を含ませて拭き取るだけで
こんな仕上げとなるのなら、
まずは細かい斑や拭き残しは気にせずに
ドンドンと塗ってもらい、
その後に今回の要領で拭き取る方が
仕事効率が良いかもしれません。

塗る方も気が楽ですし。
この方法ならば、大げさに言えば子供でも手伝えます。

まさに「災い転じて福となす」。
大発見でした。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

頼もしい助っ人

こんにちは、思いがけずSサイズのTシャツが着れて
なんだか嬉しくなった金石です。

私、通常ですとLサイズ、もしくはLLサイズの着用なのですが、
今回購入したアメリカサイズのTシャツだと
Sサイズになるようです。
確かに背中のタグには「Small」と記載されております。

では、なぜアメリカンサイズのTシャツなのかというと、
昨日、彼らと一緒に仕事をしたからです。

Img_2283

彼らは「BEE JAPAN 2009」のチームの皆さんです。
「BEE」とは「Bicycle for Everyone's Earth」の略。
メンバーでサイクリングチームを結成して、
環境問題をテーマに掲げながら北海道から沖縄まで
自転車で旅を続けているそうです。
そのルートに小布施も含まれており、
我々の塗装作業のお手伝いをしてくれたというわけです。

彼らとの会話の中では、「sustainable(=持続可能な)」
という単語がキーワードとなりました。
今回手伝ってもらった「古色仕上げ」も、
ズバリこのテーマが関わってきます。

この古色仕上げ、
石油製品ではなく自然素材を使うという側面も持っており、
彼らの掲げるテーマと一致するところもあるので、
今回手伝ってもらうことになりました。

P8206716

Img_3766

Img_3770_2

彼らは大変目立つので、
近所の方や通りすがりの方からよく声を掛けられます。

さらに途中からは歌いながらの作業となり、
「工事現場」といった雰囲気は何処へやら...

P8206707

P8206724

P8206725

でも、こういう建築の在り方ってアリだと思います。
「モノをつくる」という根源的な楽しさに満ち溢れた
素敵な時間を過ごすことができました。

「BEE JAPAN 2009」の皆さん、
本当にありがとうございました!

旅の無事を祈ります。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

板塀の塗装

こんにちは、散髪中にバリカンが壊れた金石です。
ご存知のとおり、私、坊主頭ですので、
虎刈り状態の頭で四苦八苦しながらバリカンを直しました。
幸い、バリカンはなんとか言うことを聞いてくれたのですが、
最悪の場合、あの奇抜な髪型で
電気屋にバリカンを買いに行かなくてはならないところでした...

さて、先日、とある板塀の塗装を施しました。
この塀、第93回小布施ッション講師の川添先生と
その研究室の東京大学学生さんたちがWSで作ってくれた板塀です。
以前、このブログでも作業の様子を報告いたしました。

当日は材料と時間が足りずに、
作業は途中で終わってしまったのですが、
その後、修景事業が残りの作業を引き継いだ形となります。

当日張り残した板を張るのは問題ない作業なのですが、
ずっと頭を悩ませていたのが板の塗装です。
この場所は小布施の中心街に位置し、
国道403号に面している点からも
その仕上げには気を使います。

さて、どうしたものか...?

と思い悩んでいるときに浮かんだのが「古色仕上げ」でした。
ちょうど我々の事務所の塗装でこれを行おうとしていたので、
この塀でも良い味が出せるのでは?と考えたわけです。

実はこの決断を下した直後に、
東京大学のシンポジウムに参加する機会があり、
そこで再会した学生さんにそれとなくこの話をして、
彼らからも了解を得ることができました。

それからだいぶ時間が経ってしまいましたが...

先日、ようやく塗装が完了した、というわけです。

Ws002
塗装前

Img_4839
塗装後

今回一番の心配の種だったのは、
塗装面が屋外であることです。

最近、連日に渡り報告している我々の事務所の塗装では、
あくまで屋内であるため、雨で濡れるなんて事はありませんが、
この塀は直接風雨にさらされます。
その場合、塗料の顔料が浮いて流れてしまうことがあるのです。
実際、サンプルで塗った板を誤って雨にさらしていたら、
かなり色落ちしてしまった経験があります。

調べてみると、通常、こういう屋外の塗装では、
塗装を施した後に油を塗り込んだり、柿渋を塗ったりして
塗装面を保護するようです。

そんなわけで今回は悩んだ挙句、
柿渋を数回塗り重ねてみることにしました。

で、仕上がり具合はこんな感じです。

Img_4843_2 

Img_4846_4

柿渋を塗る度にベンガラの赤味は薄れ、
黒っぽい色に落ち着いていくことは以前の実験のとおりでした。
艶や表面の肌触りは、
オイルステインとはまた違った上品な仕上がりかと思います。

ちなみにこの写真は大雨が降った後に撮影されております。
今のところ目立った色落ちは確認されておりません。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

古色仕上げ塗装中の独り言 ~その2~

こんにちは、最近、畑で農作物を作りたい衝動に駆られている金石です。

いつものことですが、、、
単調な作業をしているときに限って、
あれこれと妙な考え事が進むときがあります。
例によって、今、行っている塗装作業をしているときなどは、
脳ミソがもう絶好調にフル回転し、
どうでもいいことを考え続けてしまいます。

今回考えていたことは、

 雑巾掛けは清掃行為なのか?

という、かなりどうでもいい内容です。

私、今まで30年生きてまいりましたが、
私にとって「雑巾掛け」とはまぎれもなく「清掃行為」でした。

 何か汚れたものを拭き取る

これぞ雑巾掛けの絶対的な定義です。
今まで教室の床や窓ガラス、机の上などを拭いたことはありますが、
いずれもこの定義に従った行為といえます。

ところが...

先日、おそらく生まれて初めて、
この定義の枠をはみ出してしまう「雑巾掛け」をする機会がありました。
そしてそれこそが、今、せっせと行っている
「古色仕上げ」の塗装作業だったのです。

作業内容は次の通り。

 塗料を塗る → 少し乾いたら余分な塗料を拭き取る

この文字の並びだけを見たら、
「余計な塗料(=汚れ)」とも捉えられますが、
実際には、余計な塗料を拭き取ると同時に、
塗料が部材に染み込むように「塗り込んでいる」のです。

 不必要な塗料は拭き取りつつも、同時に必要な塗料は塗り込む

これが現在行っている雑巾掛け作業であって、
一見、相反する行為が同時に行われているのです。
これ、完全に従来の雑巾掛けの定義を逸脱しています...

さて、ここで思い出したのが古民家の柱です。
古民家の柱は、手の届く高さでピカピカに渋く光っていることがよくあります。
これは、民家の住人の方が、
毎日の掃除の中で磨き上げてきた結果生まれた代物といえるでしょう。

この場合、部材に付いた汚れを落とすという「清掃行為」よりも、
人が触った手油や、掃除に使う米ぬかを塗り込んでいるという
「塗装行為」の意味合いの方が強いような気がします。

そうか...
雑巾掛けって「清掃行為」であり、「塗装行為」でもあるのか!!

本日の独り言の結論です。
あしからず...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

古色仕上げ塗装中の独り言 ~その1~

こんにちは、小屋裏でお昼を過ぎた頃から迫り来る
『闇』と格闘している金石です。
3時を過ぎると本格的に手元が見えなくなり、
なかなか作業が進みません。

電気を付ければ?

皆さんそう思われるかもしれませんが、
実はこの現場、電気を引いていないんです。
なにかと不便なことも増えてきたので、
近々仮設の電気を引くことになりそうです。

ちなみに古い発電機を現場に持ち込んで
投光器で照らすことも試みましたが、
古いだけあって振動音が大変うるさく、
ご近所に迷惑をかけてしまうので泣く泣く断念しました。

さて、本日の塗装作業中の私の頭の中のテーマは
ズバリ、「時間と塗装」です。

今、私がしている作業は、

 新しくした部材を古色仕上げで塗装すること

です。
では、古色仕上げで塗装することとは...?
それは端的に言うと、

 部材の表面に煤や油を付着させていること

ですよね?
これって言い換えるならば、

 囲炉裏から立ち上った煙が、何十年という歳月をかけて
 部材の表面に付着させた(=塗った)煤や油を、
 一瞬のうちに塗料として塗ってしまおう

ということに他なりません。
古材の表面と古色仕上げをした部材の表面...
多少の違いこそあれ、
成分的にはほぼ同じものと言えると思います。

あぁ、そうか...

今こうして手を動かしている「古色仕上げ」って、
長い時間かけて出来上がってきたものを、
早足で仕上てしまおうっていう技術なのかもなぁ...

そんなことを暗闇の中で考えておりました。
だから何ってわけでもないんですけど...
完全に独り言です、はい...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

古色仕上げ奮闘記 ~その6~

こんにちは、先日土屋氏に「塗装するときは手袋をしたら?」
という大変ありがたい助言を頂き、
晴れて指先が黒くならなくなった金石です。

さてさて、本日も相変わらず野地板の塗装をしておりますが、
まだまだ終わりが見えてきません。
それもこれも、全ては目地部分の塗装が原因ですね。
先日のブログでも書きましたが、
かなり余計な手間がかかってしまいます。

P7036336_2 

そんな地道な作業ばかりしている最近の楽しみは、
休憩時間に足場の上で大の字に寝転んで、
掃除し終えた梁と塗り終えた野地板を見上げることです。

現場が暗いせいもあって、
写真では真っ黒に写ってしまいますが、
今回調合した色はかなり赤味を帯びた黒色です。
それもベンガラの「粉っぽい赤」ではなくて、
野地板の「杉板の地肌を利用した赤」...
つまりは、塗料は薄くして板の本来の色を利用した仕上げにしております。

ですので、下から寝転がりながらじっと見上げると、
板によって微妙に色合いが違っているのがよくわかります。
木の赤身の部分と白太の部分では
当然表情は違ってくるし、同じ赤身の部分を比べても
表面の仕上げ状態によってもこれまた微妙に違ってくる。

P7036344

でも...

全体として見たときに「力強さ」を感じます。

これって色斑のある地瓦の表情とよく似ています。
まぁ、地瓦ほど斑があるわけではないのですが...

それにしてもこの「色斑=美しい」とジャッジする
人間の視覚というか感性というものはどこから来ているんでしょう?

なんてことを考えながら、
汗を掻き掻き手を動かしています。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

古色仕上げ奮闘記 ~その5~

こんにちは、誰もいない朝の駐車場で
独りド派手な転倒を演じてみせるサービス精神旺盛な金石です。

先日からお伝えしている旧山田写真館の塗装工事、
ようやく野地板、垂木の塗装に移りました。

特に野地板は注意が必要です。
何に注意するかといえば「塗料の吸い込み」です。
この建物の場合、野地板の仕上げは鉋がけがされていません。
皆さんも想像できるかと思いますが、
表面の仕上げが荒いと塗料の吸い込みは強くなります。

要するに、

 色合いが濃くなり、塗料が伸びなくなる

という作業上の弊害が生じるわけです。
そのため、

 ・塗料の濃度をあらかじめ薄めに調整する
 ・木材の表面に一度水を塗ってから塗装する
 ・塗装後の拭き取りのタイミングを早める

という対応を私はとりました。

Img_4797

新しい垂木と野地板を塗装したところ。
ご覧になっていただければ一目瞭然ですが、
野地板の隙間の未塗装部分が目立ちます...

ここを小さい筆を使って塗り潰していくのですが...
これが非常に面倒な作業です。
新築の場合、あらかじめ塗装してから造作工事に移ることを
強くお勧めします。

そしてもう一つ失敗事例を紹介。
写真をよ~く見ると気づくかもしれません...

後から塗り潰した目地部分(左端)に注目。
ここだけ少し赤味を帯びているのがわかりますか?
これはベンガラ(赤)が強く出てしまった影響です。

ベンガラは混ざっているだけで溶けてはいないので、
時間と共に塗料の下の方に沈殿しがちです。
気をつけてかき混ぜながら塗装していたのですが、
後から塗った部分に赤味が強く出てしまいました。

さて、まさに手探り状態の古色仕上げはまだまだ続きます。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)