2010年7月 9日 (金)

つまづま

こんにちは、にしやまです。

まずはこちらを

先日訪れた五箇山の合掌造りの集落。
合掌造りは妻面に特徴があるので、
それらを撮り集めてみました。

こうしてみると、
どれも同じように見える民家も
それぞれ少しずつ違っていることがわかります。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

なりわい

こんにちは、にしやまです。

少し前のことになりますが、
一般社団法人日本茅葺き文化協会の

 「第1回 茅葺きフォーラム 茅葺きの暮らしと生業」

に参加してきました。

開催場所は・・・

001

世界遺産五箇山です。
(※写真は五箇山の合掌造り民家・・・ではありません。)

伝統産業や伝統技術の多くは、
高度経済成長期を境に衰退の道をたどりました。
そして、
後継者に恵まれないまま職人の高齢化は進み、
現在に至って、
70代や80代の方々の踏ん張りにより、
何とか伝統の灯を消さずにいる・・。
というのが現状でしょう。

茅葺きも例に漏れず、
技術をもつ親方達は70代、80代という状況です。

ただし・・ひとつ違うのは、
後継者が育ってきているということ。

我々と同年代、
20代から30代の若者たちが、
「茅葺き」を生業に選びはじめているのです。

この会にはそういった茅葺き職人の方々が
多く参加されており、
我々にとっては、同年代の同志達と出会うことができる
格好の場となりました。

それぞれに挨拶を交わし、話を聞いてみると、
大学を出て職人の道に入った人や、
他の職業を経て茅葺きにたどり着いた人、
ほかにも様々な経歴をもつ人がいて、
多種多様な人が集まってきているという印象を受けました。

多様な人がいるということは
その分だけ、茅葺きに対するスタンスがあるわけで、

 ここからきっと、
 未来へむけた茅葺きの様々な動きが出てくるに違いない

と思わずにはいられせんでした。

前に書いたように、
ヨーロッパでは茅葺きがステータスとなっており、
ビルの壁に茅を葺くようなことも行われています。

それにくらべれば日本はまだまだではありますが、
いつかきっと・・・。

フォーラムで出会った若者達がやってくれることでしょう。
我々修景事業も含めて、ですが。

002
こちらが本当の合掌造りです。

西山哲雄

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

茅場@小布施プロジェクト実験編 ~その2~

こんにちは。最近の暑さがすでにきつい、土屋です。
こんなで夏もつかなあ、とこの時期毎年思います。

さて、高山村の茅場の茅を、
小布施町内のとある河川敷に移植してから2週間が経ちました。
その後の様子はといえば‥。

Ca390137
Ca390136

移植から1週間後の様子。
移植した頃には青々としていた茅たちですが、
ほぼ周りの枯れ草に同化しつつあります。
株ごとに見れば、5~6割くらいは枯れているでしょうか。

とはいえ、まだ植えたばかりでうまく根が定着していないとか、
日照りが続いたせいに違いない、
と今後の回復に期待しつつ、さらに1週間後。

Rimg00332
Rimg00382

回復の兆しは見受けられませんでした。
とはいえ、悪化した様子もなく、
半分くらい枯れた状態を維持している感じです。

この状況を察するに、
適度な大きさに株を切断する際に、
傷めてしまった根の先が枯れているだけで、
今枯れていないのはきっと大丈夫なはず、
という、希望的観測がたちます。

Rimg00372

そんな枯れ気味の茅の横では、
名も知らぬ雑草がすくすくと育っていて、
彼に罪はありませんが、憎らしくすら思えます。

なにはともあれ、
今後の成長(あるいはその逆)を気長に見守りたいと思います。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

茅場@小布施プロジェクト実験編 ~その1~

こんにちは、生まれて初めて砥石を買った金石です。

昨日の話ですが、、、
小布施に新しい茅場をつくるべく、
実験的に茅の移植をしてみました。

Img_4918

場所は毎年茅を刈り取っている高山村の茅場です。
この時期の茅場の写真は、
茅と周囲の植物との見分けが困難で困りものです。
ちなみに写真の手前中央が茅の株です。

方法はいたって簡単。
株の根元をスコップで掘り起こして、
その株をエイッと適度な大きさに切るだけ。

Img_4920

剣スコップを思いっきり踏んで、
株の根元を分けていきます。
茅の地下茎は思ったよりも頑丈で、
しばらく続けると足の裏が悲鳴を上げてしまうくらいです。
さすがは茅、野火付けをしてもまた生えてくるのは
この地下茎のおかげでしょう。

この作業、うまいコツがあるのかもしれませんが、
今回は数も少ないので得意の「力任せ」作業で乗り切りました。

Img_4929

こちらが適度な大きさに分けた株。
正直、茅の生育にとって「適度」かは定かではありません。
ここで言う「適度」は、
持ち運び行為に対して「適度」という
なんともわがままな基準です。

Img_4931

茅の株を荷台に載せたトラック。
ちょうど今の時期、
田植え用に苗を満載したトラックをよく目にしますが、
それに比べるとなにやら無骨な様子です。

荷台が一杯になったところで、
茅の葉をなびかせたトラックは
小布施町内のとある河川敷に移動。

Img_4933
ここが実験地。景色の良さは茅場にも劣りません。
砂地の土を掘り起こして、、、

Img_4937
株を植えれば移植完了。

Img_4945

1mの間隔を空けて約50株の茅を移植しました。
この土地でうまく成長してくれることを願ってやみません。
今後の成長をお楽しみに...

Img_4951

金石健太

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

ヘリ

こんにちは、年の瀬迫ってついに我が家にも
新型インフルエンザが到来した金石です。

私はいたって元気だったのですが、
周囲への感染拡大を懸念して、
少し間自宅待機の措置を取っておりました。
その間、私は自宅でこれを作っていました...

Img_5007

こうしてみるとかなりカラフルですが、
これ、畳の縁(へり)です。
畳屋さんにお願いして、不要になった縁を頂いてきました。

これを何に使うかというと、、、

100_4390

このように刈り取った茅を縛るのに使おうと思っております。

写真は12月の頭にお邪魔した
茨城県の「やさと茅葺き屋根保存会」が毎年行っている茅刈りの様子。
ここで我々は「縄」に変わる素材として「畳の縁」と出会い、
このアイデアを早速頂戴した、というわけです。

今まで我々は茅を縛るのに縄を用いておりました。
実はこの縄、結構な厄介者だったんです。
というのも、1年経つと縄が傷んでなかなか再利用できず、
毎年新しく縄を購入する為、
余計な費用が掛かってしまっていたのでした。

そんなことなら安いビニール紐でも使えば?

そんなアドバイスが聞こえてきそうです...
確かにそうなんです。
ビニール紐でも十分に代用は効きます。
でも、それに切り替えるのを我々はずっとためらい続けてきました。

なぜか?

これは完全に自己満足の世界なんですが、
「画にならないから」というのが最大の理由です。

コストパフォーマンスを考えれば、
我々の判断は間違っていたと言わざるを得ません。
ただ、茅とビニール紐のマッチングが
どうしても景色にそぐわないのです。
茅刈りのときのテンションが維持できません。

そんなことを思い悩んでいるときに出会ったのが、
この畳の縁だったというわけです。

来年からは茅場でこれが活躍します。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

茅回収の失敗談

こんにちは、茅の重さを改めて痛感した金石です。

と言いますのも、、、
先日、茅場に干してあった茅を回収してきました。

その際、我々はトンガリ(=6把)毎に
足元を縛って運んだのですが...

これが重い!!

茅場からトラックといった水平移動は可能なのですが、
トラックの荷台に積み込むといった垂直移動には
少々束が大きすぎました...
重くて仕事になりません。

思い返せば、昨年は茅場で茅が乾ききらなかった為、
トンガリをばらして1把ずつトラックに載せたのでした。
そんな経緯をすっかり忘れていた我々は、
何の躊躇もなく「6把を1束」にしていたのでした。

言い訳がましくなりますが、
我々が「6把を1束」にしていたのにも多少の理由があります。
我々が学生時代にお世話になっていた
小谷村の茅場では「6把を1束」だったんです。

Dsc02891
そのときの様子。(写真の彼は学生時代の私)

当時学生だった私は、
それを「重い」と感じておりませんでしたので、
今回も無意識的にそれに倣ったわけですが...

「こんなはずじゃない」

と落ち着いて考えてみると、
小谷村では「小茅」と称される背丈の短い茅でしたが、
我々の茅はススキ、いわゆる「大茅」です。
ここに今回の失敗の大きなポイントが隠されていそうです。

小茅と大茅では背丈もだいぶ違いますし、
冷静に判断すれば束の胴回り寸法が同じでも、
大茅の方が遥かに重くなるはずです。
案の定、担げないくらいに重くなってしまいました...

そこで、今年の反省を踏まえ、
来年に向けての提案事項。

持ち運び作業の効率も考慮して、
3把毎にトンガリにして干す。
そして、回収時にはその3把を1束とする。

要検討です。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

無意識の行為

こんにちは、マスクをしたままコップでお茶を飲んでしまい、
見事に返り討ちにあった金石です。

すっかりマスクの存在を忘れておりました。
気付いたときには時既に遅し、
ダラダラと服の上にお茶がこぼれ落ちたのでありました...

さて、、、
先日、茅箒の握り心地について書きましたが、
それに関連して、
茅場でついついしてしまうある事を思い出しました。

それがこれ。

Img_4930

おわかりいただけるでしょうか?
何をしているかというと、
茅の葉を取って茎だけにしているのです。

葉は枯れてくすんだ色なのですが、
茎は表面がつるっとしていて、
結構鮮やかな表情を見せてくれます。

だからどうした?
と言われると返す言葉もないんですが、
何と言いますか、その...
ほんの些細な快感なんですよね、茎だけの姿にするのが...

休憩時間に会話をしているときとか、
近くの落ちている茅を拾っては、
チマチマと葉を剥いてしまいます。
これを何かに使うかというとそんな事はなくて、
だいたいの場合はポイッと捨ててしまいます。

そう、何の得もしないどうでもいい作業を
なぜだか無意識のうちにしてしまうんです、この私...

ある日、茅場でこの「無意識の行為」の存在に気付いた私は、
注意深く周りの人間の手元を観察してみました。

すると、皆会話をしながら
せっせと茅の葉を剥いているではないですか!
そして、茎だけになると、ポイッ!

あれ?
皆、同じことをやってる...

このときは「不思議なもんだな」程度に思っていたのですが、
先日、茅箒の握り心地に感動して、
初めて納得のいく結論が出ました。

茅の茎のツルツル感は、理屈抜きで触り心地が良い。

これ、万人共通の感覚かと思います。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

お気に入りの一品

こんにちは、唐突な話ですが、
このブログを書いている最中にしゃっくりが止まらなくなりました。
長期戦を覚悟した矢先、

「ナイスしゃっくり」

と同僚から妙なコメントを頂いたところ、
なんとそれがきっかけでしゃっくりがピタッと止みました。

以上、どうでもいい話...

さて、、、
本日は私のお気に入りの一品を採り上げたいと思います。

その一品とは、昨日のブログに登場した西山氏特製の「茅箒」。
これにすっかり心奪われてしまいました。
何を隠そう、この私、
このような代物は今まで目にしたことがありませんでした。
草の箒といえばモロコシ(正確にはホウキモロコシというらしい)
と思い込んでいた私には、
まさに「目から鱗」の一品です。

なんといっても軽いっ!!

普段の箒の感覚に慣れている方は、
間違いなくこの軽さに驚くかと思います。
このボリュームに対してこの軽さ...
芯がスポンジ状のススキ特有のものかと思います。

そして、一番のお気に入りは握り心地の良さ!

このつるっとした表面が手に良く馴染みますし、
この「握り心地」と「軽さ」のバランスがまた絶妙です。
なかなか憎い代物を作ってくれたものです。

肝心の使い勝手は未知数ですが、
かなり良さそうな気がプンプンしてきます。
調べると、以前はこのようなものが
日常生活の中に普通にあったようです。
ということは、それなりの使い勝手が期待できます。

とはいえ、事務所にあるこの箒は西山氏の物なので、
使い勝手を自ら確認するためにも、
ここはひとつ自分で茅箒を作ってみることにしました。

干している茅を回収しに、また茅場に足を運ぶことですし...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

すすき

001
茅刈りのついでに採取したススキの穂
         

        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓        
        ↓
        ↓
        ↓

002
60分後、箒の完成。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

茅刈り@木島平 2009

こんにちは、手持ちの金が1万円なのに、
誤って1食6万円もする朝食を頼んでしまい、
あたふたするという間抜けな夢で目が覚めた金石です。

のん気な夢ですね...
私の思考回路がバレてしまいそうです。

さて、本日は見事に天気を読み違えて、
カッパを着て茅刈り作業の1日となりました。

「カッパを着て」といっても雨対策ではないですよ。
山間部の季節はもはや冬、
カッパは舞い落ちる雪対策です。
そんな状況での作業であったため、
当然、作業の様子の写真はありません。
スイマセン...

まぁ、雨降りの思いを考えれば、
雪のほうが遥かに作業はしやすいです。
手はかじかみますが、体は思ったほど濡れません。
動いていれば体が凍えるようなこともありませんし、、、

そんなわけで、今日は天候の割に作業は順調に進みました。
昨年は約1週間費やした木島平での茅刈りでしたが、
今年は先日の雪の影響でほとんどが倒れ、
結局、2日間の作業で全て刈り終えてしまいました。

収穫量は昨年の3分の1弱といったところです。

明日、またこの茅場に道具を回収しに行くので、
そのときに現場の写真を撮って、
再度ここで報告します。

Rimg0691
今年のトンガリ帽子はこんな感じ。

Rimg0692_2
見事に倒れてしまった茅...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧