お知らせ

2011年12月24日 (土)

達磨窯火入れ(2回目)

メリークリスマス。
寒くなってきました。いよいよ冬本番です。
「寒い」→「温まろう」→「火入れ」
という無理やりな流れで、12/21(水)~22(木)に
2回目の達磨窯の火入れを行いました。

前回同様、窯の中身の大半は既成の瓦たちですが...
今回は8月に開催した瓦ワークショップの作品や
桟瓦、敷瓦の試作品も窯の中へ入っています。

100_6744 

温度計の針は当たり前のように「0℃」。
かじかむ手先を温めるべく窯の両側の焚き口から着火します。

Img_7646

初めは焚き口の口元でチョロチョロと...
今回は半日以上かけて「炙り焚き」です。
この工程で、窯と瓦の水分を飛ばします。

Img_7652_2

夕闇が迫る頃には窯も温まってきます。
この時点で窯内部の温度は約400℃。

深夜、いよいよ「本焚き」開始です。

Img_7673

600℃を超えると、焼成室内部の瓦たちも赤く光を帯び初め、
煙突からもしばしば炎が立ち上がります。
夜の達磨窯、土の質感とオレンジ色の炎。
私の大好きな光景。

Img_7714

窯の中の瓦たち。
当たり前の光景なんだろうけど、
ただの土の塊が光り輝き始める姿に感動。

Img_7691

窯も熱気を帯びてきました。

Img_7694

薪をくべる土屋氏。
眩しくて顔を歪めているのではありません。
この距離でも熱気が襲ってきて熱いのです。

Img_7710   

耐火煉瓦もオレンジ色に...

Img_7721

再び窯の中。だいぶ透き通った色になってきました。

で、朝を迎えて窯の中は約800℃。
外は氷点下の張り詰めた空気...

10:30頃、900℃を超えたあたりで最終工程「コミ」に入ります。
「コミ」とは大量の松葉と薪を窯に放り込んで、窯を塞ぐ工程。
この工程のレポートはまた後日。
理由は写真を撮る暇がなかったから。
前回の窯焚きの様子でじっくり説明します。

肝心なところを省略してしまいましたが、
「コミ」の後の達磨窯。

Img_7735

Img_7739 

Img_7746

来週、窯開け予定です。
以上、久々の報告でした。

金石

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

達磨窯@小布施 初火入れ ~その1~

各方面のみなさまがた

大変ご無沙汰しており、恐縮です。
「最近ブログどうしたの?」との、
皆様からのご指摘に胸がつまる思いであります。

そんな中、良いご報告です!
8月7日、8日の2日間、達磨窯に初の火入れを行ないました。

この日は8日の小布施ッションの講師もしていただいた、
武蔵野美術大学基礎デザイン学科教授の原研哉先生と、
ゼミの学生たちをお迎えしての火入れとなりました。

100_6411_2 
100_64132

簡素ながらも安全と成功を願う儀式を執り行った後、
原先生に火入れをしていただきました。

P80716892
P80716942

これまで、窯を太らせるための火は入れてきましたが、
今回は、瓦を焼くときと同じように火入れをしました。

この達磨窯にとって初の火入れであるとともに、
私たちにとっても初の火入れになります。
私と西山に至っては、火入れを見たことすらなく、
何事も手探りな感じで、この後丸一日かけて火入れに臨みました。

その奮闘ぶりは、今後お伝えしていきたいと思います。

追伸
今回の火入れは、甘楽の火入式のような完成を祝うものではなく、
窯を完成させるために行なうものだったため、
広くお声掛けしませんでしたが、
窯が完成し、いざ、瓦を焼き始めるまでに至った暁には、
お世話になった皆様をお呼びし、
火入式を行いたいと考えておりますので、
そのときはぜひ、足をお運びいただきたいと思います。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

いまさら


こんにちは、西山です。

いまさらのことになりますが、
読売新聞にとりあげていただきました。

こちらです。

しかも元旦の新聞でした。

メインはお施主さんの記事ですが、
少しだけ、登場しています。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

2011

あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞ、よろしくおねがいいたします。

昨年は途中からこのブログも
かなり不本意なこととなってしまいました。

心機一転、心を新たに
少しばかりのためになることと、多くのくだらないことを
お届けしていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

あ、それから、
ツイッターはじめました。
修景事業としてではなく、個人としてやっております。
本名で検索していただけるとたどりつけるかと思います。
ただし、やっているのは、3人のうち1人ですので
あしからず。
そして、ブログにもまして、くだらないことばかりですので・・。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

達磨窯のできるまで。

こんにちは、にしやまです。

さて、動画をつくってみました。
達磨窯をつくるときに、定点観測の写真を
撮りつづけていたので、
それをスライドショーにしてみました。
少し長いですが、
お時間のあるときに見ていただくと、
達磨窯のつくられかたがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

勝手に広報部 初夏

こんにちは、にしやまです。

さて、本日は題名にあるとおり、わたくしのおすすめの
イベントや本などを勝手に広報していこうというもくろみです。

さっそくまずはイベントから

 ■ルーシー・リー展

   2010 4/28 ~ 6/21  国立新美術館
       8/7  ~ 9/26  益子陶芸美術館
       10/9 ~ 12/1  MOA美術館
       12/11 ~ 2/13 大阪市立東洋陶磁器美術館
   2011 2/26 ~ 4/17 パラミタミュージアム
       4/29 ~ 6/26 山口県立萩美術館・浦上記念館

   あと数日で、国立新美術館での開催は終了してしまいますが、
   その後ご覧のように各地で巡回展があります。

   先日、私も見てきたのですが、はっきりいって、お勧めです!
   ルーシーリーの美しいうつわが、これでもかというほど 
   展示されており、圧巻です。

   くわしくは、こちら

    

 ■オルセー美術館展2010

   ルーシー・リー展とおなじ、国立新美術館で8月16日まで開催中。
   誰もが知っているであろうゴッホの自画像をはじめとして、
   セザンヌ、ゴーギャン、モネ、ピカソなど、そうそうたる画家の
   作品がやってきております。

  
   ただ、
   大量ゆえに
   ルーシー・リー展と一緒に見ようと思うと、結構つかれます。
   実際、つかれました。
   
   くわしくは、こちら

  
   

 ■小布施見にマラソン

   今年はいよいよ8千人のランナーが!
   大好評につき、エントリーは早々に終了しておりますが、
   ボランティアは大募集しているようです。
   来年の下見を兼ねてボランティア・・・という手も
   悪くないと思います。

   くわしくは、こちら
 

 
 ■デジタルアーカイブシンポジウム

   もうすぐ開館1年をむかえる、われらがまちとしょテラソ。
   そのテラソで、デジタルアーカイブシンポジウムが
   7月19日に開催されます。
   これまでのデジタルアーカイブの活動の報告や、
   iphoneユーザーにはたまらない情報も・・。

   くわしくは、こちら
  
  

 ■藤森照信展

  長野県出身の建築家・藤森照信氏の展覧会が、
  故郷の茅野で開催されます。

  概要によれば、イベントが盛りだくさんの様子。
  そして場所は、まちとしょテラソと同じ古谷誠章氏設計の
  茅野市民館です。
 
  期間は、7/24~8/29です。
  
  くわしくは、こちら

  
 ■小布施ッション 

  108回目の小布施ッション、こちらも長野県に縁のある
  建築家・伊東豊雄氏がゲストです。

  日本を代表する建築家から、一体どんな話を
  聞くことが出来るのでしょうか・・・
  7月7日が楽しみです!

  くわしくは、こちら

 ■佐藤雅彦ディレクション これも自分と認めざるをえない展 

  最近では「ピタゴラスイッチ」でおなじみ、佐藤雅彦氏、
  なにを隠そう、私と同郷・同高校であります。
  そんなわけで、勝手に親近感を抱いている佐藤さんの
  展覧会が開催されます。

  

  期間は7/16~11/3です。
  私は8月あたりに・・と考えています。

  くわしくは、こちら

 ■安藤忠雄講演会

  あの安藤忠雄氏が、飯山に。
  説明不要。行って損することはありません、
  と、私が保証しておきます。

  開催日は7/3。
  くわしくはこちら
  (申し込み期限がすぎているようですが・・・。)

続いては、これから発売される、お勧めの本を3つ。

 ■阿部守一 『社会を変えよう、現場から』

  県知事選に立候補を表明された、阿部守一氏の著書。
  出版は、われらが小布施の文屋から。
  さきほど私は予約をしました!

  くわしくは、こちら
 

 ■山田脩二  『日本旅 1961-2010』

  修景事業の師(勝手に慕っております。)である、
  山田さんの写真集がついに発売されます。

  『日本村1969-1979』から30年。
  この本は古本屋でもめったにありませんし、
  あっても全く手が出ない価格がついています・・。

  だから、というわけではありませんが、
  この『日本旅 1961-2010』、買って損はありません!

  くわしくは、こちら

 ■梅原 真 『ニッポンの風景をつくりなおせ――一次産業×デザイン=風景』

  こちらも
  勝手に認定・修景事業の師、梅原真さんの本です。
  どのようにおすすめか、説明できないくらいお勧めです!!
  満足いただけない場合は私がひきとります。
  だまされたと思って、ぜひ。
  
  くわしくは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

ずぎらい

くわずぎらいなものはほとんどない、
にしやまです。

くわずぎらいにかぎらず、
実際にしてもいないのに「きらい」ときめつけて
なんとなく敬遠しているものやことって、ありませんか?

私にとっては、ツイッターがそれでした。

しかし、まちとしょテラソでの

   著者×まちとしょテラソ

   講師:久米信行氏(久米繊維工業 代表取締役)

   とき  :3月26日 17:30~(時間調整中とのこと)
   ところ :まちとしょテラソ多目的室(小布施)

   タイトル: 
 
   こんなに伝わる!無料のインターネット広告宣伝ツール活用術
    ~メール道×ブログ道×Twitter道×YouTube道~

に参加して、久米さんのお話を聞いて開眼しました。

少し前に、一応ツイッターに登録してはいたのですが、
全然使いこなせず・・早くも撤退の予感がしていたところに
久米さんの登場。

本当に助かりました。
背中を押してもたった気分です。

さてさて、
そんな久米さんのお話の続編が、はやくもテラソで!!

 
   著者×まちとしょテラソ #4

   講師:久米信行氏(久米繊維工業 代表取締役)

   とき  :6月12日(土) 17:00~
   ところ :まちとしょテラソ多目的室(小布施)

   タイトル: 

   「観光発展途上エリア墨田区:わが観光協会の挑戦
    お金をかけずに地元資源を再発見! 磨きあげて
    情報発信 観光×産業×教育振興で地元有志×
    ヨソモノワカモノバカモノ大活躍 」

  
くわしくはこちら(すこし下にスクロールしたところです)

西山も最前列で参加予定!
おすすめです!!

西山哲雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

「達磨窯」準備報告 ~その5~

こんにちは。花粉症は始まったもののまだ軽症の、土屋です。

さて、だいぶ形になってきた上屋ですが、
今日は野地板貼りと筋交いの取り付けを行いました。

100_4615

垂木の先に広小舞という軒先を揃えるための部材を取り付け、
野地板を貼りあげていきますが、この広小舞と野地板は、
垂木同様、H邸の解体工事で出たものを再利用しています。
そのせいか、野地板を貼るにつれ建物は完成に近づいていくのですが、
見た目は解体途中といった感じさえしてきます。

100_4616

野地板の長さや幅がまちまちだったり、
金槌で釘留めという方法をとったため以外に手間取りましたが、
天気が崩れる前に無事に貼り終えることができました。

100_4622

筋交いもがっちり金物で取付を行い、
これにてとりあえず上屋の大工工事は終了となります。
屋根は古瓦葺の予定ですが、とりあえずルーフィングで雨をしのぎ、
いよいよ明日からは窯づくりの作業に入ります。

土屋 直人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

「達磨窯」準備報告 ~その4~

こんにちは、腰痛が治ったと思ったら、
首の寝違えが再発してきた金石です。

自分では確認できないのですが、
いったいどんな格好で寝ているのか気になります。
変な寝方をしているのは自分なので、
まさしく自業自得なんでしょうが、
案の定、自覚症状ゼロのため、
なかなか「自業自得」という言葉が腑に落ちません...

さて、性懲りもなく寝違え続ける私の首を他所に、
達磨窯上屋は着々と出来上がっております。

Img_4087

垂木が付くと急に建物らしくなります。
窯の部分が掘り下げてあるせいもあって、
想像以上に「高さ」を感じました。

高すぎたかな?

と一抹の不安を抱えつつも、
まぁ、無事に建ったので良しとします。
窯が完成すれば結果は自然と判明します...

Img_4100_2

この敷地の周辺はほとんど山林と農地です。
なので、この建物が一般の方から
「景観」として意識されることはかなり少なそうですが、
それでも

 小布施の新しい景観ができる

と胸を張りたいと思います。

もっとも、この建物がそういう評価を受けるかどうかは、
これからの我々の「頑張り」にかかっているのですが...

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

「達磨窯」準備報告 ~その3~

こんにちは、最近やけに首を寝違える金石です。

いよいよ達磨窯建設に向けて動き始めました。

とはいえ、信州では夜の冷え込みがまだ残っています。
ですので、粘土を使う窯はもう少し待って、
その前に窯の上屋を建てる運びとなりました。

経費削減のため、
解体工事で出た部材を再利用する予定でいたのですが、
先日の土屋のブログで紹介した通り、
部材の曲がり、反りがあまりに激しかったため、
柱材のみの再利用となりました。

Img_5145_2

Img_5147 

Img_5152

上屋の屋根はできるだけ低く設計しました。
あまり屋根が高いと、
その分煙突も長くなって窯焚きが大変らしいので...
一番低い下屋の桁の下端を
頭スレスレで移動できるくらいの高さ設定です。

まぁ、頭スレスレになるのは我々3人くらいなもので、
普通の方にとっては特に問題ない高さなのかもしれません。

3/13(土)までにはなんとか上屋を建てて、
雨を気にせず窯作りに専念できる環境を
早く整えたいところです。

金石健太

| | コメント (0) | トラックバック (0)