« ツケメンはあるが、イケメンはない。 | トップページ | 田植え初体験 »

2010年6月15日 (火)

どうどうめぐり

手間を惜しむ手間を惜しむ手間

という言葉を思いついた今日この頃・・
こんにちは、にしやまです。

手間を惜しむ

ということは、手をかけないということで、
手を抜くということでもあると思います。
(抜き方の上手下手はあるとして・・。)

ここで惜しんだ手間を

 手間A

としますと、

 手間を惜しむ手間

というのは、
手を抜くためにあれこれと知恵を絞ったり、
うまいやり方を考えた末に、実行に移す手間のことです。

これを手間Bとしましょう。

通常は、
 
 手間A > 手間B

となるから、それが「手間を惜しむ」
ことになるのだと思いますが・・

私は思うのです。

手を抜くことを考える手間が結構手間だということは
なかろうかと。

ひょっとして、手間Aを惜しまずにこなしてしまったほうが、
結果的に手間をかけないことにならないだろうかと。
全てではないと思いますが、そういう場合も
多々あるのではないかと。

つまり

 手間A < 手間B

ということです。

であれば、

 「手間を惜しむ手間」を惜しむ

のが得策かと。

そう思うのですが、どうでしょう?

西山哲雄

|

« ツケメンはあるが、イケメンはない。 | トップページ | 田植え初体験 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

補助線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/35646359

この記事へのトラックバック一覧です: どうどうめぐり:

« ツケメンはあるが、イケメンはない。 | トップページ | 田植え初体験 »