« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その9~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その10~ »

2010年5月20日 (木)

・随分と前に、『便器と携帯電話』と題したブログで
 トイレの進化について、以下のように書きました。

   トイレに入ると、自動で音楽が流れ、
   便器の前に立つと、ふたが開き、便器が光をはなつ。
   そして、脱臭が始まり、いい香りもしてくる。
   事を終え、便器を離れると自動洗浄。
   ふたも勝手に閉じる。

 書いたものの、実際にこのようなトイレに遭遇したことは
 なかったのですが、
 先日のこと、ついに出会うことができました。
 そのトイレは、
 上にあげた機能はもちろんのこと、
 さらに、「除菌イオン」機能もついたりして、
 カタログの機能一覧表をみるとそこには
 なんと28もの機能が記されていました。

 機能が多いことには改めてびっくりしたのですが、
 ひとつ、関心した機能がありました。

 それは、

  洗浄音がすごく小さい

 ということ。

 イオンとかは正直よくわかりませんが、
 こういう進化は大いに賛成です。

 何というか、

  こんな上品な音で、しっかりと流れるんだろうか?

 と老婆心ながら思うほど、お上品な音で流れるのです。
 こういう必要な機能は、どんどん進化してもらいたいものです。

・少しまえに

  ハイブリットカーの音が静か過ぎて問題になる

 ということがありました。
 実際ににそういった車に遭遇すると、
 本当に静かでびっくりしてしまいます。

 問題になったように、近づく車に気づきにくいという
 デメリットはありますが、
 車もきっと、どんどん静かになっていくでしょう。

 電気自動車になればなおさら・・。

前にも書きましたが、結局のところ
 人間ほど静かに作動する動力は無い気がしています。

西山哲雄

|

« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その9~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その10~ »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

音景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/34790896

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その9~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その10~ »