« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その12~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その13~ »

2010年5月31日 (月)

アレルギーと無知

こんにちは、金槌で自分の指を強打し、
爪の中に恥ずかしい血豆ができている金石です。

木々の若葉色もすっかりみずみずしい緑に変わり、
小布施周辺の田圃には、次々と水が張られています。
そう、田植えシーズンの到来です。

Img_4983_2

何を隠そうこの私、
今シーズンから親類の稲作を手伝っているため、
田圃を眺める目が例年とはちょっと違います。
ド素人ながらに、アレコレ観察しているのですが、
今までの稲作に関する己の無知さを
今更ながらに痛感しているのであります。

そもそも、実家が農家であるわけでもなく、
農業を勉強したことがあるわけでもなく、
仕事だって建設業ときている私には、
稲作に関する知識などインプットされるわけもなく...

ただ毎日食している「米」と
茅葺きや左官工事で使用する「藁」だけで
稲作をなんとなく身近に感じ、
なんとなく知っている風で日々を過ごしてきました。
そんな私が、田園風景なるものに対し、
偉そうに意見していたのですから恥ずかしい限りです。

で、何を長々と言い訳がましいことを言っているのかというと、
稲作に対する多少の知識を得ることで
ものの見方が変わったのです。
具体的には「ビニールハウス」、
これの見方がだいぶ変わりました。

私は田園風景の中のビニールハウスに
少なからず嫌悪感を持っていました。
(「少なからず」は時として「大いに」になる始末...)
周囲の素材感から逸脱した人工的なあの表情に、
「醜い」「汚い」「邪魔」...とアレルギー反応を示していたのです。

ところが、、、
先日、こんな景色が私の目に飛び込んできました。

Img_4989

ビニールハウスの中で田植えを待つ苗。
あつかましくお願いして中へ入れさせてもらうと...

Img_4990

生命感溢れた緑が非常に印象的でした。

農業従事者にとっては当たり前の光景なのでしょうが、
農業ド素人の私にとっては、
これはまさに目から鱗の光景。
稲の苗ってビニールハウス育ちなんだ...
それにまさかのこの美しい風景...

そうか、あの美しい田園風景を支えているのは、
私が忌み嫌っていた「ビニールハウス」だったのか!
この事実を知ってからというものの、
ビニールハウスに対するアレルギーはやや治まりました。

ちょっと見方を変えてみます。
ひょっとしてアレルギーの原因は「無知」なのでは?
そんな風にも思うのです。

あの薄いビニールの皮ひとつ隔てた内側の出来事は、
なかなか情報として私達の中に入ってきません。
それが故に、過剰なアレルギーを呼び起こすのでは...
また新しい発見です。

ただし...
ビニールハウスの「素材感」に対するアレルギーは
未だに治りません。
これは治さずにこれからも付き合っていくつもりです。

Img_4992

日本の農業は美しいと思う
金石健太

|

« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その12~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その13~ »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

小布施のできごと」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/34996256

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーと無知:

« 達磨窯@小布施 作業報告 ~その12~ | トップページ | 達磨窯@小布施 作業報告 ~その13~ »