« 脱、他人任せ | トップページ | レコーディング »

2010年3月12日 (金)

煙のある風景

こんにちは。ついに花粉症が始まった土屋です。
これからおよそ二か月、苦難の日々が続きます。

さて、先日予定通りに上棟できそうだとお伝えしましたが、
いろいろありまして、達磨窯の敷地では基礎工事が続いております。

12月の穴堀りのときには人気のなかったこの一帯も、
暖かさが増すにつれ、少しずつ人気が出てきました。
犬の散歩をする人、マラソンをする人、
また、周囲の畑では剪定した果樹の枝を畑で燃やしているようで、
もくもくと煙が何本も立ち昇っています。

周囲の畑からから何本も煙が立ち上る風景というのは、
この時期の風物詩といった感じで好きな風景ですが、
早くこの土地でも、周囲の畑同様、
もくもくと煙を立ち昇らせたいものです。

また、たまに何の工事をしているか興味を持った人が、
通りかげに話しかけてきてくださるのですが、
「瓦を焼くための窯をつくります」と言うと、
少し驚いたあとに「がんばってね」と声をかけてくれ、
これがものすごい励みになったりします。

さてさて、いよいよ週明けの月曜日からは、
上屋の建前を行います。

土屋 直人

|

« 脱、他人任せ | トップページ | レコーディング »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

達磨窯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/33785601

この記事へのトラックバック一覧です: 煙のある風景:

« 脱、他人任せ | トップページ | レコーディング »