« 「達磨窯」準備報告 ~その3~ | トップページ | 腰痛と立ち居 »

2010年3月 4日 (木)

小布施ッション#104 大西 隆

こんにちは。最近体を動かす仕事が多いせいか快眠の土屋です。

さて、先日3月3日はぞろ目の日、
ということで小布施ッションの今回の講師は大西隆先生。
大西先生は東京大学教授で都市計画などの研究をされています。
今回は「20世紀の理想都市から21世紀の低炭素都市へ」、
という内容でお話をしてくださいました。

ハワードの田園都市やコルビュジェの輝く都市、
あるいはそれらを批判したジェーン・ジェイコブスの
混合用途、小規模ブロック、古い建物、多様性を重視した都市など、
20世紀からこれまでの都市計画についてお話してくださった後、
21世紀の都市は「逆都市化」し、「低炭素都市」になっていくと、
実例や写真を交えながら丁寧に説明してくださいました。

人口減少による「逆都市化」のお話の中で、
50年後の日本の人口が、現在の7割減にあたる3900万人になる、
という予測数値には驚きました。
20世紀に人口の増加とともに急速に拡大した都市は、
50年後には一体どんな姿になっているのでしょうか。

そして、地球規模で温室効果ガス増加が問題になっている今日、
温室効果ガスの排出が小さな「低炭素都市」という考え方は、
必要不可欠であり、その取り組みも行われているそうです。

大学の頃を思い出す懐かしいお話や、
都市について改めて考えさせられるお話でした。

土屋 直人

|

« 「達磨窯」準備報告 ~その3~ | トップページ | 腰痛と立ち居 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「小布施ッション」カテゴリの記事

講演会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/33671654

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施ッション#104 大西 隆:

« 「達磨窯」準備報告 ~その3~ | トップページ | 腰痛と立ち居 »