« スス | トップページ | 氷土 »

2009年12月22日 (火)

霧霞

こんにちは。今朝菅平が日本で一番冷え込んだそうです。土屋です。

さて、この時期の朝方、小布施は霧に包まれることがよくあります。

Img_4959
Img_4960

濃いときには数10m先も見えないようなときがあります。
朝霧は盆地に発生しやすいようですが、小布施は長野盆地に位置し、
扇状地という地形も影響しているのかもしれません。

このように霧がかかって、周囲が霞んで見える情景を「霧霞」、
っていうんだろうなと、私は勝手に思っていましたが、
タイトルを見て違和感を持った方はいませんか?それもそのはず、
辞書で調べてみたところ「霧霞」なんて用語はありませんでした。

ちなみに、「霧」、「靄(もや)」、「霞」は似たような用語ですが、
辞書にはこんな風に書かれていました。

 「霧」「霞」「靄」は、発生的には同じであるが、
 見通しの程度が一キロメートル未満のものを「霧」、
 一キロメートル以上のものを「靄」という。
 「霧」は、季節としては秋、時刻は朝夕夜に出るものをいい、
 「霞」は、春の霧をさし、主として昼間に見られるものをいう。
 「雲」「霞」は遠くに見えるもの。「霧」「靄」はその中にいていう。
           (「角川 必携 国語辞典、角川書店」より抜粋)

これによると「霧霞」なんて用語はおかしなことになっていますが、
言葉の響きとしてはきれいで、アリな感じがするのは私だけでしょうか。
いずれにせよ、思い込みとは恐ろしいものですが、
こうした言葉の思い込みは他にもたくさんありそうな気がします。

100_4442

こちらは今月初旬に茨城に行ったときに、筑波山から見た「雲海」です。
山を上がって行く途中は「霧」でしたが、上から見下ろすと「雲」になる。
なるほど、辞書の説明は正しいですね。
小布施の霧も、一度上から見てみたいものです。

土屋 直人

|

« スス | トップページ | 氷土 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32709858

この記事へのトラックバック一覧です: 霧霞:

« スス | トップページ | 氷土 »