« 氷土 | トップページ | 2009年を振り返る »

2009年12月25日 (金)

ヘリ

こんにちは、年の瀬迫ってついに我が家にも
新型インフルエンザが到来した金石です。

私はいたって元気だったのですが、
周囲への感染拡大を懸念して、
少し間自宅待機の措置を取っておりました。
その間、私は自宅でこれを作っていました...

Img_5007

こうしてみるとかなりカラフルですが、
これ、畳の縁(へり)です。
畳屋さんにお願いして、不要になった縁を頂いてきました。

これを何に使うかというと、、、

100_4390

このように刈り取った茅を縛るのに使おうと思っております。

写真は12月の頭にお邪魔した
茨城県の「やさと茅葺き屋根保存会」が毎年行っている茅刈りの様子。
ここで我々は「縄」に変わる素材として「畳の縁」と出会い、
このアイデアを早速頂戴した、というわけです。

今まで我々は茅を縛るのに縄を用いておりました。
実はこの縄、結構な厄介者だったんです。
というのも、1年経つと縄が傷んでなかなか再利用できず、
毎年新しく縄を購入する為、
余計な費用が掛かってしまっていたのでした。

そんなことなら安いビニール紐でも使えば?

そんなアドバイスが聞こえてきそうです...
確かにそうなんです。
ビニール紐でも十分に代用は効きます。
でも、それに切り替えるのを我々はずっとためらい続けてきました。

なぜか?

これは完全に自己満足の世界なんですが、
「画にならないから」というのが最大の理由です。

コストパフォーマンスを考えれば、
我々の判断は間違っていたと言わざるを得ません。
ただ、茅とビニール紐のマッチングが
どうしても景色にそぐわないのです。
茅刈りのときのテンションが維持できません。

そんなことを思い悩んでいるときに出会ったのが、
この畳の縁だったというわけです。

来年からは茅場でこれが活躍します。

金石健太

|

« 氷土 | トップページ | 2009年を振り返る »

K」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32768829

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリ:

« 氷土 | トップページ | 2009年を振り返る »