« 赤 青 白 | トップページ | 霧霞 »

2009年12月21日 (月)

スス

こんにちは、畳の縁(へり)と格闘中の金石です。
それについては後日報告...

先日、ドラム缶で火を焚く機会があったのですが、
そのときに使った鍋底を洗っていてある発見がありました。

おそらくご想像に難くないと思われますが、
ドラム缶で火を焚いている上に網を載せて、
その上に鍋を直接置くため、
鍋底は煤で真っ黒になります。

Img_4950

こちらがその鍋底。
絵に描いたように真っ黒になります。

さて、写真をよくご覧ください。
写真右側が私がタワシで擦った後に水をかけた状態。
写真左側が焚き火後手付かずの状態。
両者の違いがわかりますか?

Img_4952

さらに寄るとこんな感じ。
タワシで擦った右側の表面は水に馴染むのに対し、
煤だらけになったままの左側は物凄く水を弾いています。

詳しいことはよくわかりませんが、
鍋底に付着した煤が影響していることは間違いなさそうです。

ナンデダロウ??

当たり前のようにも思えますが不思議です。
薪木の油分が含まれているからでしょうか?
でも、タワシで水洗いしただけで水に馴染むというのも
どうも腑に落ちないものがあります。
洗剤を使ったというのならまだ納得できますが...

そういえばこんな水の弾き方を他でも体験したことがあります。

1.古い土壁を土間に撒いて、その上に水をかけたとき
2.松煙・ベンガラの粉に水を垂らしたとき

いずれも私の予想に反して、
水が小さな玉となって表面に弾かれていたことを思い出します。

これはあくまで素人的な直感ですが、、、

今回の煤もこれらの事例も、
表面の微細な粉が影響しているような気がします。
粉同士の隙間の大きさと水の表面張力の関係とでも言いますか...

なんだかそんな類の現象じゃないかと思うのですが...

残念ながら私の知識では解明できません。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら御一報ください。

金石健太

|

« 赤 青 白 | トップページ | 霧霞 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

塗装(古色)」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32729106

この記事へのトラックバック一覧です: スス:

« 赤 青 白 | トップページ | 霧霞 »