« 理想の | トップページ | 栃木の旅 ~その6~ »

2009年12月 8日 (火)

無意識の行為

こんにちは、マスクをしたままコップでお茶を飲んでしまい、
見事に返り討ちにあった金石です。

すっかりマスクの存在を忘れておりました。
気付いたときには時既に遅し、
ダラダラと服の上にお茶がこぼれ落ちたのでありました...

さて、、、
先日、茅箒の握り心地について書きましたが、
それに関連して、
茅場でついついしてしまうある事を思い出しました。

それがこれ。

Img_4930

おわかりいただけるでしょうか?
何をしているかというと、
茅の葉を取って茎だけにしているのです。

葉は枯れてくすんだ色なのですが、
茎は表面がつるっとしていて、
結構鮮やかな表情を見せてくれます。

だからどうした?
と言われると返す言葉もないんですが、
何と言いますか、その...
ほんの些細な快感なんですよね、茎だけの姿にするのが...

休憩時間に会話をしているときとか、
近くの落ちている茅を拾っては、
チマチマと葉を剥いてしまいます。
これを何かに使うかというとそんな事はなくて、
だいたいの場合はポイッと捨ててしまいます。

そう、何の得もしないどうでもいい作業を
なぜだか無意識のうちにしてしまうんです、この私...

ある日、茅場でこの「無意識の行為」の存在に気付いた私は、
注意深く周りの人間の手元を観察してみました。

すると、皆会話をしながら
せっせと茅の葉を剥いているではないですか!
そして、茎だけになると、ポイッ!

あれ?
皆、同じことをやってる...

このときは「不思議なもんだな」程度に思っていたのですが、
先日、茅箒の握り心地に感動して、
初めて納得のいく結論が出ました。

茅の茎のツルツル感は、理屈抜きで触り心地が良い。

これ、万人共通の感覚かと思います。

金石健太

|

« 理想の | トップページ | 栃木の旅 ~その6~ »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32547314

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の行為:

« 理想の | トップページ | 栃木の旅 ~その6~ »