« ニガテナコト | トップページ | すすき »

2009年11月30日 (月)

栃木の旅 ~その5~

こんにちは。最近、お腹の調子がいい、土屋です。

さて、栃木の旅3日目も、
隈研吾氏設計の建物からスタートです。

Rimg0486
Rimg0471

こちらはJR宝積寺駅です。
建物のほとんどは東西をつなぐ通路が占めていて、
外観は特に特徴のない建物に見えますが、
中に入って天井を見上げるとビックリです。

Rimg0483
Rimg0480
Rimg0474

合板を菱形に組合わせたもので天井が覆われています。
普通の合板も形と使い方を工夫することで、
これほどまでにインパクトのある装飾になっています。
何か規則性があるかと思いましたが、
私にはさっぱり分かりませんでした。

Rimg0449

Rimg0452
Rimg0445

こちらは駅のすぐ隣にあるちょっ蔵広場にあるちょっ蔵ホールです。
大谷石をくの字型に積み上げた壁面が特徴的です。

Rimg0453
Rimg0461
Rimg0463_2

ホールの向かいには、全てをくの字に囲まれた建物があります。
全てが石で覆われた建物という点では、石の美術館と同じですが、
石の種類や使い方で全く印象が違うものです。

ちなみに、菱形が共通のデザイン要素になっている二つの建物ですが、
駅舎より先にちょっ蔵広場ができたようです。

もうしばらくつづく‥

土屋 直人

|

« ニガテナコト | トップページ | すすき »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

県外の建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32432408

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木の旅 ~その5~:

« ニガテナコト | トップページ | すすき »