« 栃木の旅 ~その2~ | トップページ | 茅刈り@木島平 2009 »

2009年11月17日 (火)

かくすかくさない

こんにちは、西山です。

先日、京都を訪れたことは既に前々回のブログで
触れましたが、本日もまた、京都ネタをお送りいたします。

朝五時京都駅着という深夜バスで京都に降り立った私。

目的の行事は昼過ぎからの開催でしたので、
半日たっぷりの自由時間が私にはありました。
といっても、
この時期の京都の朝五時はまだ暗く、
当然ながら開いているお店など、皆無といっていいほど。
お寺にしても大抵は、開門まであと数時間は待たなくては
ならないという状態でした。

そんななか、かの清水寺が午前6時半開門という
うれしい情報を入手しまして、
清水寺を第一の目的地としました。

土地勘の無い場所では目的の場所まで
どういった交通機関でいけばいいのか、
もしかしたら徒歩でいける距離なのか?
ということにいつも迷います。

今回も京都の距離感覚が全くなかったのですが、
時間もあることだし、と
四条烏丸から清水寺まで徒歩でいくことにしました。

すこしずつ夜があけ始めた京都の町を
ひたすら歩き清水寺を目指すなか、
ふいに目の前に、「ザ・京都」というような町並みが
現れました。

002
001

人生初祇園です。
当然のことながら、早朝の祇園に
人気は皆無でした。

犬矢来、瓦屋根、下屋の上の板壁、すだれ・・・

個々の建物をよくみると、「おや?」と思うところも
なきにしもあらずなのですが、
建物を構成する要素を限定することで、
町並みに統一感を生み出しています。

003
004
隠すべきものは、隠す。
二枚目の写真はわかりずらいですが、
真ん中に小さな扉が隠されています。

さすが、京都です。

そんな町並みを後にした直後に
私の目に飛び込んできた光景がこちら。

Photo
あの町並みから、ほんの数メートルで、これです。

「さすが京都」撤回です。

001_2
002_2
その後も快調に歩き続け、開門直後に到着した清水寺。
人もまだそれほどおらず、静かに建物と対峙することが
できました。

西山哲雄

|

« 栃木の旅 ~その2~ | トップページ | 茅刈り@木島平 2009 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

文化的景観」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

県外の建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32246732

この記事へのトラックバック一覧です: かくすかくさない:

« 栃木の旅 ~その2~ | トップページ | 茅刈り@木島平 2009 »