« すくなくゆっくり | トップページ | 収納スペース »

2009年10月29日 (木)

大きな栗の木

こんにちは、金石です。

唐突ですが、皆さんは「街区」という言葉をご存知でしょうか?
要は道路でグルッと囲まれた内側の部分のことです。
身近な住所表記に当てはめると、
「○丁目△番×号」の「△番」に該当するエリアです。

近頃、とある住宅の設計をしている関係で、
小布施町内のとある敷地周辺を頻繁にウロウロしています。
歩きながら遠目に周辺環境を眺めていると、
ふとあることに気付きました。

 小布施の街区の中心には大きな栗の木がある

こちらが実際の写真。

Img_4018

Img_4020

普段は通り沿いから引いた距離で眺めるため、
さほど気になりませんでしたが、
どちらもかなりの大きさの木です。
高さは15m超、葉張りも10m程はあります。
栗畑の栗の木に目が慣れているせいもあって、
実際に近くで見ると、その大きさに驚かされます。

Img_4019

ちょっと調査してみると、どうやらこうした環境は
街区の敷地割りとも大きく関係していそうです。
中央に大きな栗の木がある街区は、
決まって間口が狭く奥に長い
「鰻の寝床」と呼ばれる敷地割りがなされていることに気付きました。

少し専門的な話になってしまいますが、
このような敷地割りの街区は、
通り沿いが店舗などの「オモテ」の空間。
その裏には住居、中庭(畑)、さらには土蔵と続き、
そこにはプライベート性の高い「ウラ」空間が広がります。

その街区の「ウラ空間」に、
大きな栗の木が象徴的に残っているわけですが、
その風景は大切にしていきたいと思いながら設計しています。

今、この木は街区の方々の共有物であるかのように書きましたが、
本当のところはその街区内の誰かの所有物です。
恐らくは維持管理も大変かと思いますが、
それでもこのような木を残している
意識の高い所有者に頭が下がります。

金石健太

|

« すくなくゆっくり | トップページ | 収納スペース »

K」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/32001338

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな栗の木:

« すくなくゆっくり | トップページ | 収納スペース »