« いいものとはプロセス | トップページ | 小諸市・小山敬三美術館 »

2009年10月 7日 (水)

「美味しい」の要素 ~その2~

こんにちは、目薬の蓋をしっかりと閉めていなかったために、
ポケットの中がビシャビシャになってしまった金石です。

前回のブログの続きです。

胸焼けの原因が、
「実の部分だけ」になった大量の農産物をずっと眺めていたこと
でることを気付いた私は、
性懲りもなくさらに思いを廻らせました。

「実の部分だけ」ということは、
ある見方をすれば、食品としての「純度が高い」
ということになると思います。
そういった観点で、今回の出来事を見直すと、

 「純度が高い」 → 「美味しい」
 と直結すると思っていたが、実はそんなことはなかった

といったところでしょうか?
これを逆の見方をすれば、こんな関係が見えてきます。

 「食品としては不要な部分」 → 「美味しい」
 
つまり、今回の場合で言うと、
「食品としては不要な部分」は、
機械で自動的に剥かれた「皮」が該当します。
この「皮」を含めた映像イメージこそが、
「美味しい」気持ちを誘っているのでは?と思ったのです。

例えば...
ミカンをイメージします。
ひとつは黄色い皮に包まれたままのミカン。
もうひとつは黄色い外皮を剥いた状態のミカン。

かなりの確率で前者の方が「美味しさ」を誘うのではないでしょうか?
「美味しい」と言いながら口にするのは後者の方なのに...

そうか、不要な部分にこそ「美味しい」の要素が隠れているんだ!

と、他人から見れば「だからどうした?」的な発見で
いささか興奮気味の
金石健太

|

« いいものとはプロセス | トップページ | 小諸市・小山敬三美術館 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/31704708

この記事へのトラックバック一覧です: 「美味しい」の要素 ~その2~:

« いいものとはプロセス | トップページ | 小諸市・小山敬三美術館 »