« 継続のパワー | トップページ | セミの抜け殻 »

2009年10月19日 (月)

茅場@木島平2009

こんにちは。ここ数日で見事にリバウンドした、土屋です。

さて、先日、木島平の茅場の様子を見てきました。

Rimg0038

100_3824

上の写真が今年の写真で、
下の写真が昨年の11月中旬の写真ですが、
比べるとまだ茎も葉も青々としていて、
刈り取りまでにはもうしばらく時間がかかりそうです。

見に行った際、この土地の持ち主のおばあさんに、
この土地について、いろいろ伺うことができました。

終戦後、中国から帰ってきたおばあさんとご主人が、
もともと山だった電気もきていないこの土地で、
ランプ生活をしながら何年もかけて開墾をしたそうです。
重機や耕運機が満足になかっただろう時代に、
これだけの面積を開墾するのはどれだけ大変だったことか、
容易に想像がつきます。

そして、いろいろな作物つくりに挑戦し、
この辺りでいち早くズッキーニの栽培などもしていたそうです。

現在、おばあさんは一人暮らしで、
冬場の間だけは雪が多いため、この土地を離れるそうですが、
決して利便性のよくないこの土地に住み続けているのは、
この土地への愛着や思い入れが強いからだと思います。

この土地で茅を刈り取らせてもらえることに感謝するとともに、
ここで刈り取られた茅がどういった建物に、
どのように使われたのか伝えることで、
少しでもおばあさんに喜んでもらえたらと思います。

土屋 直人

|

« 継続のパワー | トップページ | セミの抜け殻 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

補助線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/31863241

この記事へのトラックバック一覧です: 茅場@木島平2009:

« 継続のパワー | トップページ | セミの抜け殻 »