« 再・高崎哲学堂 | トップページ | 長持ちする家~番外編~ »

2009年9月17日 (木)

重さを目で感じる

こんにちは。最近、自然と早寝早起きになってきた、土屋です。

さて、先日からとある作業に参加しているのですが、
その仕事の中に、ネタを18.6kgピッタリになるように、
取り分けるという作業があります。

パレットに入れられて回ってくるネタを、
スコップのような道具ですくい取って漉し機に入れ、
漉し機から出てきたネタが18.6kgになるように、
新たなパレットに取り分けていきます。

最初、結構ピッタリ賞が出るような気でいましたが、
これが、なかなか難しい!
最初に回ってくるネタの水分の含み具合が違ったり、
すくい取る道具も決まった量をすくい取れなかったり、
そして、一番の判断材料となるのが“見た目”という、
かなり勘に頼る部分が大きいのです。

重さを目で感じとる、
これができそうでできないものだなと思いました。
昨日今日で、この作業を100回弱やったと思いますが、
ピッタリが出たのはたったの2回だけです。
2回だけなのか、2回もなのかは分かりませんが‥

もう少しこの作業をやる機会があるので、
この、重さを目で感じる勘所をつかめるように、
ピッタリ賞にチャレンジしたいと思います。

土屋 直人

|

« 再・高崎哲学堂 | トップページ | 長持ちする家~番外編~ »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/31415460

この記事へのトラックバック一覧です: 重さを目で感じる:

« 再・高崎哲学堂 | トップページ | 長持ちする家~番外編~ »