« カブトムシと私 | トップページ | ちいさきもの »

2009年8月 3日 (月)

アルミサッシと富山

こんにちは。昨日一日、数時間の間で、
左腕だけでも7,8ヶ所蚊に刺された、土屋です。
何かに集中していると、刺されても気付かないものなんですね。

さて、今や住宅をはじめ多くの建物の窓には、
その耐久性と気密性からアルミサッシが多く用いられます。
そのアルミサッシのメーカーが富山県に多いって、
皆さんご存知でしたか?

今日打ち合わせで、サッシ屋さんと話している中で、
そんな話になったのですが、
それにはれっきとした理由があるそうです。

一つ目は、富山は昔から、鍋や釜の鋳物製造工場が多く、
サッシをつくるもととなる技術が発達した地域であったそうです。

二つ目は、アルミサッシをつくる際には、
非常に多くの安定した電力が必要になるそうなのですが、
富山は立山連峰の豊かな水資源を使った水力発電が発達したため、
その電力の供給が可能であったからだそうです。

これはちょっとした豆知識ですが、考えてみれば、
アルミサッシは日常で多く目にし、触れてもいますが、
それがどこでどういう風に作られるか、
今まで興味を持ったことはありませんでした。

サッシ屋さんによると、
一昔前はよく工場にアルミサッシの製品検査がよく行われ、
工場に行く機会も多かったんだそうです。
その工場も、今はだいぶオートメーション化が進んでいるとのこと。

調べてみると、大手のメーカーなどでは、
工場見学のツアーを開催したりもしているようなので、
富山に行く機会があった際にはぜひ一度、
工場見学に行ってみたいと思います。

土屋 直人

|

« カブトムシと私 | トップページ | ちいさきもの »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30817999

この記事へのトラックバック一覧です: アルミサッシと富山:

« カブトムシと私 | トップページ | ちいさきもの »