« 地下足袋と私 | トップページ | 我家 »

2009年7月24日 (金)

自然素材と天然素材 ~その2~

こんにちは。最近、自分でも不思議なくらい汗をかく、土屋です。

さて、自然素材と天然素材について調べ始めたわけですが、
まずは、言葉の意味を知っておこうと思います。

「自然」と「天然」、この似たような言葉は何が違うのでしょうか。
大野晋 田中章夫 編『角川必携国語辞典』によると、

 自然 : 山・川・海・森林・草木などのように、この世界を
       成り立たせているもの。また、人の手が加わらない
       ありのままのもの。

 天然 : 人手の加わらないままであること。

とあります。人の手が加わらない、という点は同じですが、
この辞書はすばらしいことに両者の使い訳が書いてあります。

 「自然」は、文明・文化の反対に、人工のはたらきを加えない
 ままのものの意。(中略)
 「天然」も、人工を加えないままという点では「自然」と同じ。
 しかし「自」は、「自分一人で」という意味であるのに対して、
 「天」は、「天の神のつくったまま」の意。
 したがって、「自然」は何の人工も加えず、ひとりでにあるもの。
 「天然」は、天の神のつくったままのもの、とする点がちがう。

「自然」と「天然」という言葉だけで比較してみると、
どうやら使い分けはされるようでありますが、
「素材」という言葉を付け加えて考えてみたとき、
使い分けは非常に難しい気がしますが、
そのあたりの考察は次回とさせていただきます。

土屋 直人

|

« 地下足袋と私 | トップページ | 我家 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30680869

この記事へのトラックバック一覧です: 自然素材と天然素材 ~その2~:

« 地下足袋と私 | トップページ | 我家 »