« 毛虫と私 | トップページ | 呪縛 »

2009年7月29日 (水)

自然素材と天然素材 ~その3~

こんにちは。カキ氷にはまって以来、毎日にというくらい、
ガリガリ君を食べていますが、未だに当たりのでない、土屋です。
調べてみると、当たりの出る確率は50分の1だそうで、
当たりが出るまでにはまだまだ食べ続けなければいけないようです。

さて、前回は「自然」と「天然」では何が違うのか、
その言葉の意味と使い分けについて書きました。
では、次に「自然素材」と「天然素材」は何が違うのか。
2つの言葉に「素材」という言葉をつけてみると、

 自然素材:何の人工も加えず、ひとりでにある素材
 天然素材:(人工を加えないまま)天の神のつくったままの素材

という感じになるかと思いますが、
これらは使い分けができるのでしょうか。

「土」という素材を考えてみましょう。
厳密に言うと、土は地球上にもともとあったわけではなく、
岩石が風化や生物作用を繰り返して土になるそうです。
そうすると、天の神がつくったもの、ではなさそうですし、
生物の力も借りているので、ひとりでにあるもの、でもない気がします。

こんな感じで使い分けるどころか、
なんだかよく分からなくなってきてしまいました。
そこで、「自然素材」と「天然素材」は何が違うのか、
私なりの結論はこちらです。

 人工を加えない、という文言にのみ着目し、
 「自然素材」と「天然素材」は同義語である。
 ただ、一般的には「自然素材」の方が適していて、
 「天然素材」はごく稀に使う程度。

最初から、そう思っていたよ、
という方も多いかもしれませんが、
それはさておき、私なりにすっきりしたので、
今後は左官で使われる自然素材あるいは天然素材を中心に、
素材ごとに考えていきたいと思います。

土屋 直人

|

« 毛虫と私 | トップページ | 呪縛 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30747797

この記事へのトラックバック一覧です: 自然素材と天然素材 ~その3~:

« 毛虫と私 | トップページ | 呪縛 »