« 灯篭 ~その後~ | トップページ | 古色仕上げ奮闘記 ~その4~ »

2009年6月25日 (木)

旬瞬駿

こんにちは、西山です。
自慢じゃありませんが、食べ物の旬にはかなり疎いです。

このことを、

 旬に関係なくいつでもスーパーなどで
 欲しい食べ物を手に入れることができる
 現代の食事情の弊害だ

などというつもりは毛頭なくて、
ただ単に、自分がいままで旬というものを
気にしてこなかっただけだと思います。

だから、旬がわからないというか、
わかろうとしてこなかったというほうが正確ですね。

・先週末、さくらんぼを買いました。

 恥ずかしながら、今まで私は小布施で
 さくらんぼが栽培されていることすら知らなかったのですが、
 ふとしたきっかけにより、知るところとなりまして、
 今回、町内にある果樹園まで、買いに行きました。

 本当のことを言うと、
 お目当ては、さくらんぼの木の鉢植えだったのですが、
 対応してくださった生産者のかたに
 いろいろとお話を聞いているうちに、
 鉢植えはまたの機会にしようということになりました。

 それで、
 知っている人は何を当たり前の事をと思うでしょうが、
 話を聞いてはじめて、
 さくらんぼって、今が旬だということを知りまして・・。 

 無知とは恐ろしいものです。

 生産者のかたの話によると、
 6月の中旬~7月初旬のわずか20日間ほどが
 さくらんぼの旬だということでした。

 ですので、
 私がたまたま行ったときが旬だったというわけで、

  さくらんぼを買いに行った

 というか、

  行ったら旬のさくらんぼが売っていたので買ってきた

 というだけなのですが、
 最終的にはさくらんぼの旬を頭と舌で覚えることができて
 最高の結果となりました。

・梅も今が旬ですね。

 梅といえば、梅干などでかなり身近な存在ですが、
 「梅割り器」なるものの存在を初めてしりました。

 ひょんなことから
 「梅割り器」が必要になった私は
 ホームセンターへと買いに行ったのですが、
 そこにあったのは想像していたより無骨で大柄な
 「梅割り器」でした。

 それを見て、所有欲が萎んでいった私は、
 いっそのこと自ら作ることにしました。

 「梅割り器」の代わりに少々の金物を買い、
 手元にあったウォールナットの端材を利用して、
 「オリジナル梅割り器」は無事完成しました。

 金物代と手間を考えれば、
 買ったほうが安くついたのは明らかですし、
 かなり小柄でシンプルにできたとはいえ、
 細部のつくりはオリジナルには遠く及ばないですが、
 自分でつくったということもあり、
 大満足でした。

 ささいなものでも、
 自分で使うものを自分でつくるって、
 楽しいです。

・栗もある意味、今が旬です。
 Photo_2
  
  
 
  

・さくらんぼは、冬の寒さと積雪がないと
 うまく実をつけないらしいです。

  さくらんぼにとって、-10℃は適温

 と、生産者のかたはおっしゃっていました。

 冬の寒さに凍えても
 
  これでおいしいさくらんぼができる
 
 と思えば、寒い冬も耐えられる!

 ということになれば、しめたもんですが・・。

〈本日の一枚〉
Photo
大塚施設園芸のさくらんぼ
遠くから毎年、これだけを目当てに小布施に来るかたが
多くいらっしゃるそうです。

いままで食べたさくらんぼのなかで、文句なしに一番でした。

西山哲雄

|

« 灯篭 ~その後~ | トップページ | 古色仕上げ奮闘記 ~その4~ »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

小布施のできごと」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30273655

この記事へのトラックバック一覧です: 旬瞬駿:

« 灯篭 ~その後~ | トップページ | 古色仕上げ奮闘記 ~その4~ »