« 古色仕上げ奮闘記 ~その2~ | トップページ | 故障日和3 »

2009年6月19日 (金)

木材と塗料

こんにちは。先日の作業での手応えは空振りに終わった、土屋です。

さて、まずはこちらの写真をご覧下さい。

102_4159

これは、最近ちょっとした建具のようなものを作っていて、
その塗装前後を並べて撮ったものです。
中央左側が檜で、その左側が水性エマルション塗料を塗ったもの、
中央右側がウォールナットで、その右側が、
ポリウレタン樹脂のクリア(つや消し)を塗ったものになります。

ウォールナットは、つや消しと言えど光沢が出て、
もともとの茶色が引き立ち、深みを増しています。
対して檜は、木目が消え、塗料の色で均一な仕上がりになっています。

今回、水性エマルション塗料で仕上げるものは、
材質の指定がなかったので、余っていた檜を使ったのですが、
そうでなければ、この塗装をしてしまうにはもったいない感じです。

使う塗料によって木材を選んだり、
逆に、使う木材によって塗料を選んだり、
木材と塗料の組み合わせが重要ですね。

土屋 直人

|

« 古色仕上げ奮闘記 ~その2~ | トップページ | 故障日和3 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30181741

この記事へのトラックバック一覧です: 木材と塗料:

« 古色仕上げ奮闘記 ~その2~ | トップページ | 故障日和3 »