« 故障日和 | トップページ | 道具と労力 »

2009年6月15日 (月)

友人の彼

こんにちは、先日に引き続き昨日も
大学の友人の結婚式に参列してきた金石です。

本日のブログはかなり私事になりますがご容赦ください...

昨日めでたく結婚した彼とは同じ研究室の同期生でして、
研究室で夜中までああだこうだと語り合ったり、
自分たちでプロジェクトを立ち上げて、
それ企画立案していく中でお互いの意見をぶつけたり、
足がつるまでサッカーをしたりと
思い起こせば自分が学生時代に夢中になったことの
大半の想い出を互いに共有した仲であります。

大学卒業後、仲間の多くが全国各地へ飛び立っていく中で、
信州の地を拠点として活動していこうと決めた点でも
彼とは共通していました。

とりわけプライベートで親交が深かったわけでもなく、
性格が似ているわけでもなく、
特に親密に連絡を取り合っているわけでもないのですが、
なんだかお互いの目指す方向性は一致しているような気もするし...
けれども、そこに到達しようと選択するプロセスも互いに違う。
なんだか不思議な関係なんですが、
今でも常に頭のどこかで「奴は何をしているかな?」
と強烈に意識していている自分がいるのも確かです。

そんな彼に結婚披露宴という場で久しぶりに会いました。
場所が場所なのでそんなに話はしなかったのですが、
彼と会って、

 一緒に何かしたいっ!!

って強く思いました。
別に具体的にこれを・・・ってものは何ないんですが...
かなり無責任かつ直感的な感情です。
でも、今までの経験上、
この手の感情を抱いたときはそれを行動に移すと
数々の良いことがあることはわかっています。

彼と一緒に、
20年、50年、100年先を見据えた「何か」をする!!
一方的かもしれませんが、そう心に決めました。

≪追伸≫
披露宴の後の2次会のビンゴゲームの景品として、
たいそう高級な「スケール」をいただきました。
聞くと景品の選別は彼が行ったようで...

Img_4765

Img_4766

スケールの機能はもちろん素晴らしいのですが、
ちゃんと目盛りがメートル法と尺貫法の両用のタイプを
チョイスしているあたりなんとも彼らしいな・・・と。
しかもこの目盛りのデザイン、明らかに主役は尺貫法...

当初は誰に当たるかわからなかったであろうこの景品を、
彼はどんなつもりで選んだのだろうか・・・?
彼のことだからこれが当たる「誰か」に対して、
暗に自分の思う「何か」を伝えたかったのかもしれない。
でも、その「何か」は私には伝えてくれなかったし、
特に何も考えずに思いつきで選んだのかも知れない。

う~ん...

なんとも歯痒い感じだが、
これ以上考えるとまさに彼の術中にはまったようで面白くない。
でもここは素直になって、
しばらく尺貫法を意識して物事を見てみることにしよう。
そうすれば彼が伝えたかった「何か」が見えてくるだろうか?
はたまた、そうして私が見えた「何か」が何かを
彼は期待して待っているのだろうか?

う~ん、歯痒い...

でも、この景品、女の子に当たったらどうするつもりだったんだ?
普段は筋道立てて物申すくせに、
こんなところで妙に適当なのも、実に彼らしいのですが...

金石健太

|

« 故障日和 | トップページ | 道具と労力 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/30122528

この記事へのトラックバック一覧です: 友人の彼:

« 故障日和 | トップページ | 道具と労力 »