« 景観相談会 | トップページ | 再会の約束 »

2009年5月22日 (金)

飛行機はなぜ飛ぶのか実はわかっていない

↑って知っていました?
こんにちは、西山です。

001

この写真は、以前ここでとりあげた
九谷焼の窯跡の覆屋と同じ敷地に建つ、
以前は工房として使われていた建物です。

今は展示棟として利用されていますが、
往時の雰囲気を感じさせました。

この展示棟には、
九谷焼の名品がずらりと並べれていたのですが、
なかでも驚きだったのが、こちら。

001_2
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
大きさとしては、おちょこくらいです。
このおちょこ(仮)には、模様が描かれているのですが、
この写真ではわかりませんね。

ということで、拡大したものがこちら
003
なんとそこには、大勢の人間が描かれていました。

もう一度書きますが、この器はおちょこ大です。

その側面に、人間わざとは思えないほど細かい絵付けが
なされているのです。
さらに、写真ではわかりませんが、
このおちょこ(仮)の内側にも、同じくらい細かい絵付けが
なされているのです。
(内側のほうがより難しいことは、想像に難くありません)

この細かすぎるほどの絵付けが久谷の特徴の一つである
ということを、スタッフの方に教えていただいたのですが、
そのかたがおっしゃるには、久谷の技術は
1ミリの間に5~6本の線を引くことができるほどだそうです。

常人には考えられない世界です。

そして、こんな細い線を引ける筆はどんなものだろう?と
思いませんか?

これまたスタッフの方の説明によれば、

 絵付けの筆には、ねずみの毛が使われた

とのこと。
なるほどねずみねぇ・・と納得しかけていたのですが、
説明には続きがありました。

 ねずみのなかでも一番いいのは、
 琵琶湖の湖畔の酒屋のねずみの髭です。

と・・。

ここまで細かく、かつ具体的にされると、
おそらくほとんどの人は、迷信の類だと思うでしょう。

正直にいえば、そのときの私も、そう思いました。

しかし今思い返してみると、別の想いを抱きます。

というのも、こういった言い伝えの類は、
建築の分野にも多く存在するのです。
(具体例は後日ということで・・)

それで、そういったもの全てを、

 ああなるほど、昔の迷信ね・・

と片付けてしまっていいのだろうか、と。

私は、そういった言い伝えの多くは、
実は理にかなったものであって、ただ現時点では、
その「理」が解明されていないだけなのではないかと、
勝手に思っています。

というわけで、この類の問題を

 琵琶湖の湖畔の酒屋のねずみの髭問題

と命名し、これから鋭意調査に励もうと思います。

プロジェクト名が長くて、覚えられるか心配ですが・・。

西山哲雄

|

« 景観相談会 | トップページ | 再会の約束 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

ほらふき」カテゴリの記事

「名言」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/29744066

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機はなぜ飛ぶのか実はわかっていない:

« 景観相談会 | トップページ | 再会の約束 »