« 言うは易く行うは難し | トップページ | 朝の贅沢 »

2009年5月28日 (木)

泥団子づくり経過報告

こんにちは、近所の子供と仲良しな金石です。

先日、我が家の庭で「泥団子づくりワークショップ vol.2」を開催しました。
といっても、そんな大げさなものではなく、
私が庭先で先日報告した泥団子づくりの続きをしていたところ、
道路で遊んでいた近所の子供達が
興味を示して集まってきたというわけです。

幼稚園児から小学生まで、
男の子も女の子もみんな先程までの遊びをやめ、
私の手元を不思議そうに見つめています。

 みんなも粘土で遊んでみる?

こう問いかけると少し戸惑いながらも首を縦に振る子供達。

あぁ、そうか。
粘土遊びなんて子供は喜ぶかもな...
それにしても、世代を超えて
こんなにも人間の心を惹きつける粘土ってスゴイ。

そんなわけで前回余した粘土を水で捏ねて
好きなように遊んでもらいました。
すると、みんな真剣な顔をして丸いお団子を作り始めます。

 これって乾くと硬くなるの?

と聞かれ、「そうだよ」と前回作った泥団子を手渡すと
ビックリした様子で「本当だぁ」と目を輝かせています。
そしてこの会話を最後に皆沈黙...
真剣に手のひらの上で粘土の塊をゴロゴロとやっていました。

考えてみれば、この子達の「粘土」って、
幼稚園や小学校で使う「油粘土」なんですね。
私もこういう分野に足を踏み入れるまではそうでしたが...

さて、子供達の登場で諦めかけていた私の泥団子作りですが、
皆真剣に手を動かしてくれたおかげで、
思いがけず作業を続けることができました。

前回は荒壁土を丸めて下地となる団子を作りましたが、
今回はその上に砂漆喰を塗ります。
前回の粘土同様、現場で出た残材の漆喰と
子供の砂場から拝借した砂とを1:1の分量で混ぜて、
砂漆喰のできあがり。

フィルムケースの口の部分でグリグリと丸くして...

Img_2508

こんな感じに仕上がりました。
これに今度はノロ(粘土を水でドロドロに溶いたもの)を塗って
できあがる予定です。

ちなみに30分も経てば子供達の泥団子も次々と完成してきます。
小学生だとフィルムケースを使ってまん丸にしたり、
表面を磨いたりできるみたいです。

で、他にも何か作って!
とお願いされ、リクエストされた作品がこちら。

Img_2510

こんな顔だったっけ???

金石健太

|

« 言うは易く行うは難し | トップページ | 朝の贅沢 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/29851128

この記事へのトラックバック一覧です: 泥団子づくり経過報告:

« 言うは易く行うは難し | トップページ | 朝の贅沢 »