« 球体の泥団子 | トップページ | おもいこみ »

2009年5月13日 (水)

スポーツとまちづくり

こんにちは。以前ラジオショッピングで買った商品が、
買ったときより安くなって販売されていてショックな、土屋です。

さて、先日とある理由から、
信濃グランセローズの公式戦を見ることができました。
BCL発足以来、一度は見てみたいと思いつつ、初めての観戦でした。

試合が行われたは、公式練習場にもなっている中野市営球場です。
会場に着いたのは試合開始の二時間前だったのですが、
予想に反して、開場を待つ人ですでに盛り上がっている感じでした。

Ca390025

試合が始まり、スタンドに上がってみると、
ホームである信濃グランセローズの3塁側スタンドは、
ほぼ満席で、赤く染まっていました。

Ca390026
Ca390030

試合は、終止信濃グランセローズがリードする展開で、
最後は危ない所もありましたが、7-4と見事に勝利し、
集まった1376人のファンも大盛り上がりでした。
この1376人というのも、収容人数が1600人の球場では立派なものです。

また、地域密着やファンサービスを大事にしているBCLですが、
ほとんどのスタッフが後援会のボランティアであったり、
試合前や試合中に選手によるパフォーマンスがあったりと、
その頑張りが随所で感じられました。

さらに、観戦中にはあちこちから、
「おい○○、なんでそんな球に手を出すんだよ」、
「○○、ここでもう一本頼むぞ」、
と声(野次?)がとんでいましが、
はて、この声の掛け方の感じ、身に覚えがあるような…
高校で野球をしているころ、保護者が声を掛ける感じと同じなんです。

後援会や観戦者を見てみると、子供連れも多かったですが、
それにも増して、ちょうど私の親と同じか、それより上の年齢の方が多く、
高校野球の延長のような感じで、
地域の人に受け入れられているんだなと思いました。

度々、「中野市はスポーツによるまちづくりを進めています」、
と聞く機会がありますが、それを実感できた気がします。

土屋 直人

|

« 球体の泥団子 | トップページ | おもいこみ »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/29596645

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツとまちづくり:

« 球体の泥団子 | トップページ | おもいこみ »