« やわらかいということ | トップページ | 静岡の旅 ~その2~ »

2009年5月 7日 (木)

とある家のGW

こんにちは、ずっと体調不良で寝込んでいた金石です。
そう、GW期間中ずっと...
しかも家族揃って...

そんなわけで世の中の混雑っぷりは
ニュースを通してかなり他人事として眺めておりました。
思い起こせば、こんなにも外出しない休日が続くことなんて
今までになかった気がします。

でもまぁ、体調が良いときには庭に出たり、
近所を散歩したりしていたんですよ。
とはいえ、移動手段の大半が「徒歩」ですから、
とってものんびりとした気分になれました。

不思議なもので、
のんびりとした気持ちで暇をもてあますとになると、
なにか手を動かしたくなります。

 「穏やかな心境」+「余裕のある時間」=「創作意欲」

これ、私の心の中の方程式です。
裏を返せば、
これほどまでに贅沢な環境が整わないと創作意欲が沸かない
とも読み取れますが...

そんなわけで、今回私がチョイスした「創作」とは・・・

Img_2301

泥団子~っ!!

以前、常滑の「どろんこ館」を訪れたときに、
「光る泥団子」なるものが世の中にあることを知り、
一度はつくってみたいという感情を
ずっと密かに心にしまい込んでいたのですが、
ここにきてようやく体が動いたわけです。

私が「どろんこ館」を訪れたのは昨年の12月ですから、
以来、約5ヶ月もの長い長い我が体内での潜伏期間を経て、
やっとチャレンジ開始です。
まぁ、人間なんてそんなものかもしれませんね、
なかなか行動に移せません...
今回、奇跡的に贅沢な環境を得て手を動かせる私は幸せな気もします。

早速、左官現場から出た荒壁の残材と、
淡路島に行ったときに分けてもらった粘土を少しばかり拝借し、
水をかけては手で捏ねたら、
はいっ、粘土の出来上がり~っ!

もともと粘土なんですから、当たり前です。
実際、体調不良の3歳の子供でもできました。
もちろん、体調不良の大人でも問題なくできました。

これをピンポン玉大の大きさにして乾かして、
それから上塗りと磨きを重ねていきます。
今後、砂漆喰を塗って、最後にノロを塗り込めば多分光るはず。
追って作業経過を報告いたします。

金石健太

|

« やわらかいということ | トップページ | 静岡の旅 ~その2~ »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/29566961

この記事へのトラックバック一覧です: とある家のGW:

« やわらかいということ | トップページ | 静岡の旅 ~その2~ »