« 茅葺き工事@白馬 ~その5~ | トップページ | やわらかいということ »

2009年4月30日 (木)

静岡の旅 ~その1~

こんにちは。今年は結局お花見にいけなかった、土屋です。
まだ桜が咲いていて、屋台が出ているところはあるものでしょうか。

さて、先日友人の結婚式のため、浜松に行ってきました。
その帰り道、いくつか建物を回ってきました。

Rimg0073
登呂遺跡内にある白井晟一氏設計の芹沢銈介美術館です。
登呂遺跡が工事中であることは、以前の西山氏のブログで知っていたのですが、
まさか美術館が休館日とは、考えもしませんでした。
事前調査の大事さを痛感いたしました。

Rimg0081
長谷川逸子氏設計の静岡大成中学校・高等学校です。
窓の配置が独特で一見学校には見えない建物で、
中がどんな感じなのか気になり除き込んだりしていると、
怪しい人を見る視線を感じたので、退散してきました。

Rimg0088
Rimg0100
磯崎新氏設計のグランシップです。
いかにも磯崎新、という感じのする建物で、
その名の通り、船を連想させるデザインをしています。
コンサートホールや会議場の巨大な複合ホールです。
外壁の石の使い方が印象的でした。

静岡の旅はもう少し続きますが、
続きは次回。

土屋 直人

|

« 茅葺き工事@白馬 ~その5~ | トップページ | やわらかいということ »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

県外の建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/29380805

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡の旅 ~その1~:

« 茅葺き工事@白馬 ~その5~ | トップページ | やわらかいということ »