« 寒さ | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~パリ編・その3~ »

2009年3月11日 (水)

茅葺き工事@松代 ~その1~

こんにちは、昨晩、晩飯が喉を通らなかった金石です。

決して病気の類ではありません。
体調はすこぶる良好でしたし、
茅葺きの仕事上がりとあってかなりの空腹状態でした。

というのも、昼間の作業中に顎だか喉だかその当たりの筋を痛め、
口を動かして何かを飲み込む作業に激痛が走るのです。
その痛みに耐えかねて、
晩飯を目の前にしながらも、それを諦めたというわけです。

 それにしても、昼間の作業中にそんな所を傷めるか?

と疑念を抱かれる方もいらっしゃると思いますが、
これが嘘のような本当の話なんです。

それは昨日のお昼過ぎのこと。
茅を締め付けるために、
フンガァっと力いっぱい麻縄を引っ張った瞬間でした。

ピキッ!!

己の体から妙な音がしました。
次の瞬間、口を動かすと激痛が走ることが判明...

Img_3174

参考までに写真を...
こんな感じで作業していて、
なぜだか顎だか喉だかその当たりの筋を傷めてしまったのです。

人間の体って、いろいろと繋がっているもんだ

と、しみじみ実感...

余計な話が長くなりました。
今週から始まった松代真田邸内の四阿(あずまや)の
茅葺き作業の様子を少しご紹介。

Img_3159
建物はこんな小さなものです。
竹の屋中(やなか)の上に下地のヨシズを貼り、

Img_3178
軒の茅を縛り付けます。
今回は屋根の厚さが薄いため、隅を高くしたりはしません。

Img_3198
その上に長い茅を並べて、根曲がり竹で締め付けて固定。
ちなみに、ここに写っている茅も根曲がり竹も
自分たちで採ってきたものです。

とまぁ、現在こんな状況です。

金石健太

|

« 寒さ | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~パリ編・その3~ »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/28571163

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺き工事@松代 ~その1~:

« 寒さ | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~パリ編・その3~ »