« 続メンテナンス道 | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~ローマ編・その1~ »

2009年2月13日 (金)

建築探訪 ~高崎哲学堂編~

こんにちは、久々にかなり悔しい思いをした金石です。

先日の建国記念日のこと。
いつかは訪れてみたいと思っていたとある建物へ足を運んできました。

その建物は群馬県高崎市駅前にひっそりと建っています。
調べると土日祝日のみの開館のようなので、
この祝日の休みを利用して家族で出かけた、というわけです。

たまには楽に移動しようと、
今回は少し贅沢をして新幹線に乗り込み、
意気揚々と高崎へ向かいました。

Img_3054

高層マンションが立ち並ぶ立地条件の中で、
うっそうと覆い茂った緑が目を引くこの場所こそ、今回の目的地です。
駅前から徒歩3分とは思えない静けさが印象的でした。

Img_3052

そう、今回の目的の場所は「高崎哲学堂」です。
米国建築家アントニン・レーモンドの自邸を複製したというこの建物、
写真や図面で内部の様子は窺い知れるものの、
やはり身をもって空間を感じたいと思い、
家族に無理を言って、こうして足を運んだのでした。

Img_1117

これは高崎哲学堂の模型です。
近隣にある、これまたアントニン・レーモンド設計の
群馬音楽センター内のギャラリーに展示してあります。

Img_1118

見ればわかりますが、これまた模型です。

Img_1121

しつこいようですが、、、
模型です...

以上、高崎哲学堂でした...

≪本日の一枚≫
Img_3053

高崎哲学堂の入口脇のインフォメーション。

くそぅ...

金石健太

|

« 続メンテナンス道 | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~ローマ編・その1~ »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

県外の建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/28050870

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探訪 ~高崎哲学堂編~:

« 続メンテナンス道 | トップページ | ヨーロッパ旅行 ~ローマ編・その1~ »