« 木のある風景004 | トップページ | メンテナンスのおと »

2009年2月24日 (火)

ヨーロッパ旅行 ~フィレンツェ編~

こんにちは。いよいよ花粉症の兆しを感じつつある、土屋です。

さて、ローマの次に向かったのは、華の都フィレンツェ。
まずは、フィレンツェのシンボルとも言えるドゥオモへ行きました。

Rimg0243

朝から500段近い階段を上り、
クーポラと呼ばれるドームの天井からの景色を堪能しつつ、
エンヤを聞くという、かなりミーハーなこともしてきました。

住宅などの建物は、ローマとそれほど変わりはない気がしますが、
教会建築は独特な気がします。建築様式としては、
ドゥオモをはじめ、基本はゴシック様式のようですが、
ロマネスク様式やルネサンス様式が共存しているようです。

Rimg0238
ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)

Dscn8047
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

と、こうした建築様式については、
学校でも習いましたが、正直、詳しくは知りません。
しかし、白を基調として、緑やピンクといった色使いが新鮮でした。
また、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会などは、
正面から見ると上の写真のような感じですが、
横から見ると、

Rimg0231

こんな感じで、正面だけ張りぼてのようですが、
こうした形状は、ローマや、このあと訪れるヴェネツィアでは、
見られなかった気がします。

さてさて、時間は過ぎてこちらは夜の様子。

Rimg0266
Rimg0274
Rimg0301

昼間とは違って観光客の姿はほとんどなく、
広場で路上ミュージシャンが演奏していたり、
地元の人がワインバーやレストランで思い思いの時間を、
楽しく過ごしている感じがしました。

また、道が狭いからでしょうか、
柱での上ではなく、建物に取り付けられた街灯が印象的でした。

次回はヴェネツィア編です。

土屋 直人

|

« 木のある風景004 | トップページ | メンテナンスのおと »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/28344395

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ旅行 ~フィレンツェ編~:

« 木のある風景004 | トップページ | メンテナンスのおと »