« H邸新築工事 ~序~ | トップページ | プロセスのデザイン »

2009年1月29日 (木)

観光考

・知られた温泉地にたつ温泉旅館をたずねた。

 温泉旅館の目玉と言えば、それはもう
 温泉でしょう。

 ということで、意気揚々と向かった大浴場。

 ・・いいお湯だった。本当に。

 体を洗おうと、お湯からあがり、風呂椅子に座るとそこには

  馬油シャンプー、馬油石鹸、かかと角質削り・・

 ついているラベルには、「下の売店で販売中」とある。

 温泉とは、その土地土地で泉質が違うわけで、
 いわば、
 「その地にしかない湯」を求めて行くのが醍醐味だと思う。

 しかし、そんな場所で遭遇するのは、どこかで見た商品たち。
 この既視感は何だろう・・。

 商品を売る立場からすれば、うまい販売の方法なのかも
 しれませんが、温泉旅館にとってはどうなのかと、
 思わず考えてしまいました。

・ある地を訪ねました。

 そこ地には、
 全国で7割のシェアを誇るという特産工芸品があって、
 寄り道をして、
 その工芸品の博物館と物産館がいっしょくたになったような
 大きな建物に入ってみました。

 そこで初めて、
 この工芸品が「デザイン物産展日本」に取り上げられてたな・・
 ということを思い出しました。

 ちゃんと事前に調べてくれば良かったのですが、
 商品名も定かではないうろ覚えの商品を探してみました。

 結果、
 館内をいくら探してもその商品を探すことが出来ず・・。

 なんせうろ覚えなので、見落としたかなと思って
 何周かしてみたのですが、
 どうみても、そのテイストの商品を探し出すことさえ
 できませんでした。

 
 たぶんデザイナーと組んで作られたであろうその商品は、
 特別な場所でしか買えないのかもしれないなぁと
 納得しつつも、

  産地で買えない特産品って何だよ

 という気持ちもこころに残りました。

 
・その後も、土産物屋に寄るたびに一応探してみたのですが、
 結局発見できずでした。

 それどころか、
 少しいいなと思った商品を手にとってみたら裏には
 
  made in china

 ・・・・・・・・特産品って何だろうと、重ね重ね残念でした。

 
西山哲雄

|

« H邸新築工事 ~序~ | トップページ | プロセスのデザイン »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/27581063

この記事へのトラックバック一覧です: 観光考:

« H邸新築工事 ~序~ | トップページ | プロセスのデザイン »