« しかり | トップページ | 冬支度 »

2008年12月18日 (木)

茅の数

こんにちは、未だに髪と茅を比べ続けている金石です。

「人の髪の量は約10万本」

先日、ある書籍でこんな数字を目にしました。
そういえば、以前の西山氏のブログで、

浄光寺の茅葺き屋根に葺かれている茅の数は約300万本

という数字が出てきました。
髪と茅を比べ続けている私にとっては、
かなり興味をそそられる数字たちです...

というわけで、、、
本日はまず、300万本の茅というものがどんな数字かを探ります。

まず、昨年工事をした浄光寺の茅葺き屋根では、
概算で約300万本強の茅が使われたことになります。
ちなみに屋根面積は325㎡。

単純計算すると、、、

300万[本] ÷ 325[㎡] = 93[本/㎡]

つまり、1m×1mの四角の中に
約100本の茅が葺かれている計算になります。
ということは、、、

1cm×1cmの四角の中に1本の茅...

う~ん...
そういえばそんな感じだったかも...?

実際には茅の芯の部分の他に、
葉っぱがあったり茅同士の隙間があったりなので、
この概算はなかなか的を得ているように思います。

しかしながら、こうして改めて数字にしてみると、
茅葺き屋根って結構フワフワしています。。
なんとなくもっと密に詰まっているかとも思っていたのですが、
この程度なんですね。

では、次回は髪との比較です...

金石健太

|

« しかり | トップページ | 冬支度 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

計算シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/26289232

この記事へのトラックバック一覧です: 茅の数:

« しかり | トップページ | 冬支度 »