« 茅刈り@高山2008 ~その1~ | トップページ | 棚づくり »

2008年11月27日 (木)

驚きの数字

こんにちは、寝違えて左側に首を振れない金石です。

普通、寝違えたらお昼ごろには治ると思うのですが...
今回のはどうやら頑固者のようで、今も尚、痛いです。
夜中に間違いを訂正してくれるサービスがあったらいいのに...

さて、今年の茅刈りも軌道に乗ってきたところで、
我々の一日の作業で収穫できる茅の量がわかってきました。
厳密に言うと、茅の太さや生育状況で量は変わってくるのですが、
だいたいの平均値が感覚として掴めるまでになりました。

Img_1892

この写真は6把を束ねて1つのトンガリ帽子を作った状態。
我々が1日作業すると、1人当たりこれが4~6個できることがわかりました。

ということは、

 6[把] × 5[トンガリ/日・人] = 30[把/日・人]

これが1人1日当たりの収穫量です...

ん!?

去年はこんな数字だったっけ???

資料を見返してみました。
すると、

 「約25人工で270束相当の茅を刈り取り」

というメモを発見!
ということは、

 270[束] ÷ 25[日・人] = 10.8[束/日・人]

!!!
なんと約3倍の収穫量になってます!

去年は初めての作業であったり、
古茅や雑草を掻き分けながらの作業だったもんな...
それを思うと、確かに今年の作業はかなりはかどります。
それにしても、こんなに違うとは正直驚きです。

金石健太

|

« 茅刈り@高山2008 ~その1~ | トップページ | 棚づくり »

K」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

文化的景観」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

計算シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/25699736

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの数字:

« 茅刈り@高山2008 ~その1~ | トップページ | 棚づくり »