« 籾殻のちから | トップページ | 驚きの数字 »

2008年11月26日 (水)

茅刈り@高山2008 ~その1~

こんにちは。先週当番をすっぽかしたため、連日の土屋です。

さて、昨日から茅刈りの舞台が高山村に移りました。
昨年は、一昨年の古茅や雑草に悩まされた高山村の茅場ですが、
今年の春には野火付けを行ったので、さぞ良質な茅が育っているはず。
でしたが‥

Img_1884

先日の雪の影響か、かなり倒れてしまっている茅が目立ちます。
確かに茅自体は古茅も混じってなく、長くていい茅に育っていましたが、
倒れてしまっている茅は、曲がってしまい使いづらいため、

Img_1888

こんな具合にただ切り倒していくしかありません。
ただまだ倒れて間もないような茅の中には、
曲がってなく使える茅もあり、それがせめてもの救いといった感じです。

とはいえ、古茅を省いて刈り取る手間がない分、作業効率は上がり、
昨年は2日くらいかかった場所を、今日一日でなから刈り取ることができました。
やはり、茅の単価を下げるためには茅場の手入れは必要不可欠なようです。

ここで、少し木島平の茅場に話を戻しますが、
先日西山氏が更なるエリアカ拡大のため木島平を訪れると、
木島平に異変が起きていました。

Pb253109_2

こちらは先日の雪で刈り残していた茅がすべて倒れてしまっていました。
おかげでとんがり帽子が際立ってよかったですが、
刈り取るタイミング的としては間一髪という感じでした。
これから木島平の茅場は刈り取るタイミングが難しそうです。

どうやら今週は天気が崩れ気味で、
来月からは冷え込みがきつくなりそうなので、
高山村の茅場も早く刈ってしまわねば。

それにしても、高山村の茅場はやはり景色が抜群です。
今日も夕方には晴れて、きれいな夕焼けを見ることができました。

Img_1895

土屋 直人

|

« 籾殻のちから | トップページ | 驚きの数字 »

T」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

文化的景観」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/25667699

この記事へのトラックバック一覧です: 茅刈り@高山2008 ~その1~:

« 籾殻のちから | トップページ | 驚きの数字 »