« 小布施ッション#87 横石知二 | トップページ | 一発勝負 »

2008年10月17日 (金)

屋根裏の土埃

こんにちは、ここのところ気管の調子が優れない金石です。

その原因はというと、、、
おそらく先日から作業が続いている籾殻のくずと、土蔵の屋根裏の土埃と、
木材を切断するときに舞う木の切りくずかと思われます。

屋根裏は薄暗いため、視覚的にどの程度把握できているかは謎ですが、
投光器の前にキラキラと光る埃の量から察するに、
相当量の土埃が舞っていることは確かです。
防塵マスクを着用しているとはいえ、どうやらそれだけでは十分ではないようです。

今までの経験上、古い建物であれば、
だいたいどの現場も屋根裏には大量の土埃が付き物ですが、
この土埃、いったい何処からやってくるのでしょう??
この建物の場合、囲炉裏や竈の火の影響は考えにくいですし...

・・・・・

はて...
ドコカラダ???

今まで考えてもみませんでした。

 「古い建物の天井裏=大量の土埃」

作業の経験から、この方程式が頭にインプットされてからというものの、
その理由を探ろうとせずに今まで生きてきたんですね、私...

で、、、
本日、現場の片付けやら掃除をしながら一日考えてみた結果がこちら。

<推測1:空気の対流説>
 土埃が外部からやってくるものと考えた場合、
 外部と天井裏に空気の対流があるはず。
 昔の建物は屋根裏もしっかりと換気できる造りになっていたとすると、
 この土埃は外部空間から飛来してきた可能性がある。

<推測2:施工時に発生説>
 今回作業してみて、大量の籾殻を出したり入れたりと、
 相当量の埃が施工段階で発生することを確認。
 この建物以外を考えても、
 茅葺きだったり、瓦葺きの下地にベトを乗せたり、
 なにかと埃が発生する材料や工法が多かった。

どうですかね?
何の根拠もない推測ですけどね...

本題を「土埃」とせずに、別の切り口にすれば、
もっと面白い話になりそうな気がします。
が、本日はこれにて失礼。

金石健太

|

« 小布施ッション#87 横石知二 | トップページ | 一発勝負 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/24565454

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根裏の土埃:

« 小布施ッション#87 横石知二 | トップページ | 一発勝負 »