« 気泡と蚊 | トップページ | 結び »

2008年8月28日 (木)

身をもって体験する

こんにちは、蚊の猛攻撃に耐えかねて、
携帯用の虫除けを持参したものの、
ものの見事にスイッチを入れ忘れ、
昨日と同じ結果に終わってしまったうっかり者の金石です。

昨日の話ですが...
高所作業車に乗って、平屋の工場内の一番高い場所(地上約5m)で
ペンキ塗りの作業を行っていたところ、大量の汗が滴り落ちてきました。

「ペンキを塗るだけでこの汗か...今日は暑いなぁ」
そう思いながら眼鏡のレンズについた自らの汗を拭いていたのですが、
不思議と下に降りると清々しい空気が満ちています。

「あれっ?」

どうやら上と下では、同じ建物内でもだいぶ温度差があるようです。
「暖かい空気は軽いので上へ行く」
そういった知識は持ち合わせておりましたが、
なるほど本当でした。
(まぁ、換気扇がまだ取り付いていないことも大きな原因ですが...)

厄介な性分ですが、どうも私は身をもって体験しないと、
物事をスッと納得できないようです。
昨日私は「暖かい空気は上へ行く」という知識を我が物にしました。
そんな気がするのです。

そして、
「蚊は新築の建物の上空5mまで飛来し、隙あらば容赦なく吸血していく」
という知識も我が物にしました。

こうして日々成長しております...

金石健太

|

« 気泡と蚊 | トップページ | 結び »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/23311483

この記事へのトラックバック一覧です: 身をもって体験する:

« 気泡と蚊 | トップページ | 結び »