« いざ秋田。その9 | トップページ | こちらもうねうね »

2008年7月 3日 (木)

構造物の背景

こんにちは、相変わらず山を眺めている金石です。

ぼんやりといえど、こうも毎日山を見ていると、
いろいろとわかってきたこともあります。
というわけで、本日は構造物と背景について...

何度も繰り返し書いてきたように、
今の現場事務所からは大きな工場と緑豊かな山々が見渡せます。
周囲に比べるものがないので、建物も自然もそのスケール感が
いまいち掴めなくて困っているのですが、
どちらも非常に大きいことだけは確かです。

街中ではあり得ないスケールの構造物があるにもかかわらず、
たいして圧迫感や違和感を覚えないのは、
とりわけその背後に広がっている山や樹木といった自然が
広大に広がっているおかげであることは間違いありません。

Img_1627_2

特に、デザイン的な観点から言えば、
街中では到底賛同を得られないような素材や色、形の建物も
背後に山々を背負っただけで
それなりの景観を織りなしてしまうことは注目に値します。

ということは...

街中であれやこれやと景観を意識して、
建物の形状や素材を議論してはおりますが、
特に山の多い信州では、「背後の山々をどう見せるか?」
ということを都市レベルで真剣に考えれば、
それなりの景観が保たれるのでは...?

ぼんやり、そんなことを考えおります。

金石健太

|

« いざ秋田。その9 | トップページ | こちらもうねうね »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

信州の建築」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/22055516

この記事へのトラックバック一覧です: 構造物の背景:

« いざ秋田。その9 | トップページ | こちらもうねうね »