« いざ秋田。その5 | トップページ | いざ秋田。その6 »

2008年6月25日 (水)

茅の観察日記 ~その3~

こんにちは、とある事情から本日睡眠不足の金石です。
近いうちに理由が明らかになるかと思います。

さて、本日久々に高山村の茅場に足を運んでみました。

訪れるなり、我が目を疑うことに...
まず、道が狭くなっています。
道の両側から大胆にせり出した草たちのせいで、
道幅が極端に狭くなるばかりか、
車で突き進むと開け放した窓から容赦ない顔面攻撃をお見舞いされます。

で、なんだかんだで辿り着いた茅場の様子がこちら。

Img_1653_2

一面が草木で緑なうえ、
大きさを比較する対象物がないためにわかりずらいのですが、
順調に育っていた茅たちが驚くべき成長を遂げています。

Img_1654

この株で高さが約1.5m、横幅は約1.8m程度です。
実際に葉を広げて茂っている様子を目の当たりにすると、
自然に生えた茅の株同士の間隔が
なるほどうまくできていることがよくわかります。
どんなに頑張って密集させても、1㎡に1株が限界といったところでしょうか...

Img_1649

まるで花火の火の粉が垂れ落ちるかの如く丸く枝垂れた茅の葉が、
夏の到来を告げているかのようです...

金石健太

|

« いざ秋田。その5 | トップページ | いざ秋田。その6 »

K」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21885352

この記事へのトラックバック一覧です: 茅の観察日記 ~その3~:

« いざ秋田。その5 | トップページ | いざ秋田。その6 »