« ウルシの木 | トップページ | 大地を見る »

2008年6月16日 (月)

いざ秋田。

「秋田杉がいい」

今、某建物の一室の内装をやりかえる話をもらっているのですが、
その打ち合せの際に、お施主さん側から出た言葉です。

今はボード貼りのその部屋。
それを、昔のように、板張りにやりなおしたいというのが、
依頼内容です。

せっかくやりかえるのだから、
一番理想の状態は何か?
と伺ったところ、返ってきた答えが、
冒頭の言葉でした。

改装を予定しているその部屋というのは、かなりデリケートなもの(自然物)を
扱うところなので、
温度や調湿機能、換気や化学物質の影響など、
気を使わなくてはならない問題が、沢山あるのです。

ボードや壁紙よりも、板などの自然素材が適しているのは
言うまでもないのですが、
どうもこの種の部屋では、
昔から、秋田杉を使うのが一番といわれているようなのです。

しかし、なぜ秋田杉なのかはわかりません。
檜でなく杉、松でなく杉というような、
樹種の問題ならわかるのですが、
杉は杉でも、秋田杉。

吉野杉でもなく
屋久杉でもなく、
天竜杉でもなく、
根羽杉でもなく、
飫肥杉でもなく、
秋田杉。

という理由が、私達にはいまいちわかりませんでした。

うむむ・・・。
信州の小さな町で、いろいろ机上で考えていても
らちがあかないので、
実際に行ってみることにしました、秋田へ。

というわけで、本日の夜より、
秋田へ向けて出発しま~す。

西山哲雄

|

« ウルシの木 | トップページ | 大地を見る »

N」カテゴリの記事

小布施のできごと」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21663176

この記事へのトラックバック一覧です: いざ秋田。:

« ウルシの木 | トップページ | 大地を見る »