« 真の闇を知る | トップページ | 草と格闘 »

2008年6月10日 (火)

ビッグストーン

こんにちは。お昼休み,、人がお昼寝をしている隣で、
「ウラァ、ウラァッ!」とアリと格闘する先輩がうるさかった、土屋です。

さて、新たに始まった高山村の現場では、根伐りが始まりました。
根伐りとは、基礎などを作るために地盤を掘削する作業のことをいいます。
もともと造成地だとは聞いていたので、
石がたくさん出るだろうと予想していた通り、ゴロゴロと石が出てきます。

たいてい、大きくても5~60cmのほどなのですが、
掘り進めて行くうちに、出ました。特大の石が。

Img_4132

高さ1m50cm、幅1m20cm、推定重量3t、というビッグストーンです。
見事、的中してしまいました。
もともとここにあったのか、もってこられたものかはわかりませんが、
角がなく丸くなっているところを見ると、川の流れにもまれた石なのかもしれません。
こんな大きな石を流してしまうなんて、自然は力はすさまじいなぁ、
と、素直に関心してしまいます。

また、今の時代、掘削する重機があってよかったなぁ、
ともつくづく思ってしまいます。
これほどの石、人力で持ち上げるとしたら何人必要かわかりません。
こうした重機によって現代の建築が支えられているといっても、
過言ではない気がします。

その後、これほど大きな石は今のところ出てきておらず、
工事も順調に進んでおります。

土屋 直人

|

« 真の闇を知る | トップページ | 草と格闘 »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21545361

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグストーン:

« 真の闇を知る | トップページ | 草と格闘 »