« 粘着力 | トップページ | 続々・「突き抜け箱冠」考 »

2008年5月22日 (木)

鉄は重い

こんにちは、「今日は暑い一日だった」ということを
夕方になってようやく知った金石です。
平日も休日も例外なく、「外に出ない」というのは
あまり気持ちのいいものではありません。
外での仕事が待ち遠しいと感じる今日この頃でありますが...

そんな中、いよいよ新しい現場も動き始めております。
今日は打ち合わせで鉄工所へ足を運び、図面の確認を行いました。

何を隠そう、私、鉄工所なるところへ足を踏み入れたことがありません。
現場に入ってくる部材は見ているのですが、
それを加工している工場ってどんなところなのか?
少しワクワクしながら、密かに工場見学をたくらんでいました。

工場に着いて、まず最初に気付いたこと。
それは、「私の実家のすぐ隣が鉄工所だった」こと。

いやぁ、うっかりしていたとはまさにこの事です。
そういえば家の隣でも鉄の部材を運び込んだり、
ギャーギャーと鉄を加工する音がよく聞こえておりました。

当時は「鉄工所」なるものにあまり興味が無かったのでしょう。
「隣が何をしているところなのか?」
ということをきちんと認識していなかったことに、
遅ればせながら本日気付きました。

それにしても鉄って重いですね。
いまさら「鉄が重い」なんて改めて言うことでもないですけど...

今回の工場の新築工事で使う鉄骨材料だけで、約50トンあるそうです。
ひとくちに50トンって言われても、
もはや自分の身体感覚からかけ離れすぎてよくわかりません、正直なところ。

しかも鉄骨屋さんのお話によると、
ある巨大な工場の鉄骨の総量はなんと8万トン!
はっきり言って意味不明です...
建設業、恐るべし。

金石健太

|

« 粘着力 | トップページ | 続々・「突き抜け箱冠」考 »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21099146

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄は重い:

« 粘着力 | トップページ | 続々・「突き抜け箱冠」考 »