« 鉄は重い | トップページ | 風が吹けば桶屋が儲かる »

2008年5月23日 (金)

続々・「突き抜け箱冠」考

こんにちは。広大なブドウ畑を見ていて、飲んでいたグレープジュースには、
どれだけのブドウが使われているんだろうと思って見てみたら、
なんと「無果汁」だった、土屋です。‥悔しいですっ!

さて、先日とある補修工事で瓦屋根の補修があったので、
気になっていたあのことを聞いてみました。

Img_1346

そう、箱冠の先についている、鬼瓦を突き抜けている、
仮称「突き抜け箱冠」の名称についてです。
しかし、お聞きした瓦屋さんもそのときには分からず、

「おれも気になってはいたんだよなぁ。今じゃつくってないからね。
 また聞いてみるね。」

というお返事をいただき、数日後、一本の電話が。

「あいつの名前分かったよ。“キバナ”っていうんだって。
 “鬼”の“鼻”って書いて“鬼鼻”ね。正式名称じゃなくて俗称みたいだけど。」

とのこと。俗称とはいえちゃんと呼び名があったんですね。
う~ん、鬼の鼻というよりは角の方が近い気がしますが、鼻に見えないこともなく、
洒落た名前をつけたもんだなと思います。
瓦屋さんは、こんなこともおっしゃっていました。

「あれ(鬼鼻)は、かなり地域性が強いものみたいで、
 小布施、須坂、綿内の辺りにしかなかったみたいだよ。」

この証言だと、須坂を中心に半径5キロくらいの範囲ということになります。
確かに地域性は強い。実際はどうかは分かりませんが、
いくら専門書を見ても載っていなかったのも納得できます。

なんだか、「鬼鼻」について論文でも書けそうで、
こういうものこそ地元の大学に研究して欲しいなどと思ってしまいますが、
人任せにしていても仕方ないので、これからもちょこちょこ調べていきたいと思います。

土屋 直人

|

« 鉄は重い | トップページ | 風が吹けば桶屋が儲かる »

T」カテゴリの記事

信州の建築」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21119408

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・「突き抜け箱冠」考:

« 鉄は重い | トップページ | 風が吹けば桶屋が儲かる »