« 茅の観察日記 ~その2~ | トップページ | 原寸の虜 »

2008年5月29日 (木)

続うねうね

こんにちは、
うねうねブログを書いて以来、
うねうね贔屓の西山です。

いくつかまた、うねうねを採集してきたので、
ご覧いただこうと思います。

Img_1355_2
やはり、甍の波とうねうねは
相性がいいと思います。

Img_1376_2  
そしてこちらのうねうね。
近くで見てみると・・

Img_1377
わかりますか?
角の部分が、大きく面をとられています。
些細な違いですが、
これだけで印象はかなり違います。

Img_1360
うねうねめぐりで気づいたことがひとつ。

 うねうねの妻面は、うねうねじゃない

ということです。
ようするに、うねうねは、垂木を覆う場合にのみ採用され、
妻面の、棟木や桁を覆うのは、「かくかく」だということ。

どうでもいいような発見ですが、
気づいたときには、ちょっとうれしかったです。

しかし、どういった基準でうねうねとかくかくが分かれているのか、
また、うねうねに名前はあるのか・・等々、
わからないことがあるので、
これからもうねうねウォッチングを続けていきたいなと思います。

西山哲雄

|

« 茅の観察日記 ~その2~ | トップページ | 原寸の虜 »

N」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/21267725

この記事へのトラックバック一覧です: 続うねうね:

« 茅の観察日記 ~その2~ | トップページ | 原寸の虜 »