« 淡路のエネルギー!! | トップページ | 淡路こぼれ話 »

2008年4月 3日 (木)

淡路の迫力!

こんにちは。現在、鼻で息ができない、土屋です。

さて、今回の淡路の旅では、
いろいろなところに連れていっていただきましたが、
とりわけ衝撃が大きかったのが、土の採掘現場です。

瓦の一大産地である淡路島。
原料となる土がどんな風に採取されているか興味がありましたが、
いろんな職業の方が参加しているDGプロジェクト、
昨日紹介しましたように、ベト屋さんも参加されていて、
トントン拍子で採掘現場に連れて行ってもらえることになったのです。

達磨窯建設地から車で走ること数十分、
普通に民家が立ち並ぶ海沿いの通りから少し山に入ると、
そこが粘土の採掘現場でした。

100_2898
100_2891_2

とにかく広い!
下から見たときには想像もできないこんな景色が、
見渡す限りに広がっています。
どのくらい広いかって、
そんなスケール感がなくなってしまうくらいの広さです。
強いていうなら、自分がちっぽけに感じるくらい広いです。
また、自然が作り出すダイナミックな土の層にも驚きです。

100_2894
100_2895

こうした層になった土の中で、
淡路の瓦には灰色っぽい色をした層の土を使うそうです。
触ってみるとそれほど粘り気がないのに驚きました。

Img_1818

私たちが以前、粘土採取を行ったときの土がこんな感じです。
違いは一目瞭然です。
たしかに、この場所には淡路のような灰色っぽい土もありましが、
そのときは、むしろ採るのを避けるくらいでした。
この辺りは詳しく調べて、その土地にあった土を選ぶ必要がありそうです。

土屋 直人

|

« 淡路のエネルギー!! | トップページ | 淡路こぼれ話 »

T」カテゴリの記事

「旅行記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/12217004

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路の迫力!:

« 淡路のエネルギー!! | トップページ | 淡路こぼれ話 »