« 続・「突き抜け箱冠」考 | トップページ | 「突き抜け箱冠」の現状 »

2008年4月17日 (木)

・・・まで世界にあったものを

こんにちは、
本日、CMとCFの違いがわかった西山です。

先日、テレビを見ていたときのこと。
とある会社(仮にA社とします)のCM(CF)の最後に、

 昨日まで世界になかったものを

というメッセージが出ました。

「昨日まで世界になかったものを今日つくる。」ということでしょう。
わかりやすく、魅力的なメッセージであると思います。

このメッセージを耳にした時、私が思い出したのは、

 昔できたことを、
 今もできるようにしたい。

でした。
このメッセージ、何を隠そう我が修景事業のホームページの
トップページに刻まれているものです。
そして私が、記念すべき第一回目のブログでとりあげた言葉でもあります。
これを、A社のテイストに無理やり合わせてみると、

 昨日まで世界にあったものを

とでもなるでしょうか。
その後ろには「今日もつくりたい」なんていう言葉が続くのかもしれません。

これでは何が言いたいのか伝わらず、メッセージとしては失格でしょう。

「昨日まであったものを今日もつくりたい」と言っても、
「つくればいいでしょ。昨日と同じことをするだけじゃない。」と返されそうですし。
・・ごもっともです。

さて、本題に入ります。
我々が掲げるのは「昔できたことを、今もできるようにしたい」でして、
当たり前のようですが、「昔=昨日」ではないってことです。

では、修景事業の言う昔とは、いつのことなのか?
私が勝手に考えているのは、
「昔=半世紀前」です。
それはなぜか?

つづきは次回。

西山哲雄

|

« 続・「突き抜け箱冠」考 | トップページ | 「突き抜け箱冠」の現状 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/20328356

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・まで世界にあったものを:

« 続・「突き抜け箱冠」考 | トップページ | 「突き抜け箱冠」の現状 »